VRChatで日産「軽EV」サクラに試乗 すまほん!!

 日産は20日に新型電気自動車「サクラ」を発表しました。発表会はリアルなイベントに加えて、まさかのVRChat上でも行われるという先進的な取り組み。試乗イベントは発表以降開放されるとのことで、試乗イベントを遊んでみました。

NISSAN CROSSINGへレッツゴー

 VRChat上の[World]→[Search]でNISSANと検索するとNISSAN CROSSINGのワールドへ行きます。ちなみにNISSAN CROSSINGは東京 銀座に実際にあるショールームをVRChat上に再現したもの。現在VRChat上には1階にサクラ、2階にアリアが展示されています。

自撮りする筆者

 スポーンした左手(現実で言う東京メトロ銀座線への出口付近)にNISSAN SAKURA Driving Islandへ行けるようになっています。このワールドでは日本の四季をサクラで巡るワールドという設定。

 運転方法も日本語と英語で説明。

サクラの外装・内装をチェック

 さてサクラをレビューしていきましょう。フロントは軽自動車とは思えないほどかっこいい、近未来的なグリルです。日産曰く格子をヒントにしているそうです。

 リアもフロントに負けない、迫力のあるデザイン。個人的にはかなり好きです。タイヤは水引からヒントを得たデザインとのこと。

参考:日産の新型バッテリEV「サクラ」、質感は従来の軽自動車と全く別の乗り物だった -Car Watch

 車の後ろにある青いブロックはボジションをリセットするボタンです。VRならではのオブジェクト。

 乗ってみましょう。車内も従来のガソリン車からのインターフェースをある程度引き継ぎつつも、ところどころに未来感のあるデザインに仕上がっています。エアコンなどはタッチキー式、運転に必要な部分だけしっかり物理ボタンが残されています。

 ナビに搭載されているNissanConnect ナビゲーションシステムは9インチの大画面。Apple CarPlayやAndroid Autoのワイヤレス接続に対応しています。

 充電口はオタクに嬉しいUSB Type-Aに加えてUSB Type-Cに対応(電圧電流は不明)。オプションで充電口下にあるトレイを最大15W対応のQi対応のワイヤレス充電機に変更することができます。

試乗する

 ではサクラへ試乗しましょう。試乗はハンドル両脇にあるボールをつかむことで運転することができます。シートの高さや前後移動もVR上で調節可能なので、実際の視界を確認することができます。

 また助手席や後部座席に試乗することもできます。軽自動車とは思えない開放的な視界にびっくり。何故か低い位置に設定されがちのドリンクホルダーも取り出しやすい高い位置に設定されているので、ドライブも快適そうです。

 VR上での運転は難しく、思い通りに運転は難しいな~と思ってた矢先。友人に変わったところめちゃくちゃキレイに運転していきました。どうやら僕が下手なだけでした。

 少し運転した先ではカフェが用意されています。ここでは充電体験も行えます。

 電気自動車の充電口といえば日産リーフやホンダeなどはフロントに設置されていますが、サクラは右側後方に設置されています。

 カフェには飲み物や食べ物が用意されていたりと、しっかり作り込まれています。VRChat内では写真を撮るのが致命的に下手な筆者。ピントがこない。

 カフェの外には日本の四季をイメージした4色に変えれるサクラが展示されています。なお実際のサクラには15色のカラーバリエーションが用意されています。実車なら難しい比較もVR上なら複数台を並べて展示することができ、VRならではを感じます。

プロパイロットも……!?

 実は自動運転機能も実装されています。日産の運転支援技術”プロパイロット”ではなく、ただ、走行コースを自動で走るだけの機能です。

 手放しでコースを走ってくれるので、景色を楽しむはもちろん助手席や後部座席に移動して視界を確認することもできます。

感想

 最近VRChatで遊ぶ機会が増えていますが、さすがに車の試乗は実車じゃないと意味がないのでは?と思っていました。しかし実際にVR上で試乗してみるところっと意見がかわりました。

 というのも気になっている車でも試乗しにいくのは少しハードルが高い行為です。「気にはなってるけど購入するわけではないし……」でもVR上ならそういう考えをすべて捨てて、自分だけで楽しむことができます。また、VR上なら時間を気にせず何時間でもいろんな箇所を確認することができる上、カラーバリエーションも複数を確認することができます。そういう色々な”下調べ”をVR上で経てから「乗り心地や操作性を確かめに行く」ということも可能になるなあ、と感じました。

 一緒に参加してくれた車にあまり興味のない友人もワールドをかなり気に入ってfavoriteに加えていました。意外と遊んでいるうちに意外な宣伝効果も産むのではないか?とも思いました。

 日産ではVRChat上のNISSAN CROSSINGにて不定期ながらも、本物の社員がサクラを紹介してくれるそうです。

撮影に協力してくれた友人

余談

 酔います。ご注意ください。