iPhone 14シリーズ、9月7日に発表か。 すまほん!!

 今年もこの時期になりました。AppleはiPhone 14シリーズの発表を9月上旬に目指しているようです。

 Bloombergが報じたところによると、iPhone 14シリーズは米国時間9月7日(日本では9月8日)にオンラインイベントを開催予定、以降9月9日には予約受け付けを開始、9月16日には一般販売を開始するとのこと。

 この情報はAppleの未発表製品情報にかなり強いMark Gurman氏が伝えており、社会情勢の変化などが起きない限りはこれで確定、といえそうです。

 イベントではiPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxに加えて、iPhone 14 Pro Maxと同等の画面サイズを持つiPhone 14 Maxが登場する見込み。

リークされたiPhone 14シリーズのものとされるケース。

 これまでのリーク情報によると、iPhone 14はiPhone 13からの進化に乏しく、A15チップを継続搭載、A15搭載はiPhone 14 Maxでも同じ。

 一方でProおよびPro Maxは大幅進歩を遂げるとされており、長らく1200万画素のままだったメインの広角レンズが4800万画素に高画素化。iPhone X以降のiPhoneのシンボルだった画面の切り欠き(ノッチ)をついに廃止し、「i」型とも称される独特なパンチホールを搭載すると噂されています。

iPhone 14 Proのものとされる画面保護フィルム(画像出典:Ice Universe)

 それ以外にも、同メディアは最新スマートウォッチのApple Watch Series 8と新たなApple Watch SEが発表されると述べています。Series 8ではより頑丈な本体に、長くなったバッテリー寿命が特徴であるとのこと。

Apple Watch Series 7

 また、新たに体温センサーを追加し、関連した機能を追加するようです。先日発表された「Galaxy Watch5」シリーズにも体温センサーが搭載されていましたが、心拍数の次は血中酸素飽和度、その次は体温センサーと、スマートウオッチに求められるセンサーが順調に増えています。

 最後に、A14チップと待望のUSB Type-Cポートを備え、デザインの刷新が期待される第10世代iPad(無印)および、M2チップを搭載したiPad ProやMac miniについても言及し、これらが年末までに登場すると伝えています。今後の情報に注視したいところです。