新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」の情報がリークされる。価格は約20万円? すまほん!!

 Meta社が開発を進めているとされるVRヘッドセットMeta Questの高性能バージョン「Quest Pro(あるいはProject Cambria)」。その公式CADを入手したと主張する人物が現れました。

 この人物Brad Lynch氏は、以前からテック関係のリークやなどを行っていることで知られます。2021年にはValveの「SteamVR」ドライバーから、「Deckard」と呼ばれるコードネームを発見。これは同社の新型VRデバイスとも言われています。

 Lynch氏はCAD画像と同時に、自身が入手したとする「Quest Pro」のスペックを公開。同デバイスの仕様は以下のようになっているそうです。

  • 価格:1500ドル(約20万円)
  • ディスプレイ解像度:片目2160×2160(片目1800×1920レンダリング)
  • SoC:Snapdragon XR2 5G
  • フェイストラッキング、アイトラッキング対応
  • RAM:12GB
  • ストレージ容量:256GB
  • ネットワーク接続:WiFi 6E対応

 同氏によると、Quest Proのディスプレイは「21度傾いた(逆回転した)」形で設置され、これが垂直方向の視野角(FOV)を拡大する設計とのこと。

 また付属するハンドコントローラーは新型になるらしく、IRカメラとSnapdragon 662などのオンボードSoC搭載し、コントローラー自体に(独立した)トラッキング機能が導入されるみたいです。

 現在Quest 2のコントローラーは、ヘッドセット前面のカメラの「範囲外」に出るとトラッキングが外れますが、新型ではそれが解消されそうですね。

 

 このように(リークが本当なら)なかなかのスペックとなっているワケですが、5G対応とはいえ、Quest2と同じ「Snapdragon XR2」を搭載するのは気になるところ。

 それと価格も、先日Quest2が数万円値上げされたことを鑑みると、実際の国内販売価格は、20万円を超えてくるかもしれません。発売までに、為替レートや半導体不足等が落ち着いていればいいのですが……。