iPhone 14 Pro/Max発表!楕円形パンチホール搭載 すまほん!!

 AppleはiPhone 14 Proおよび14 Pro Maxを発表しました。

 iPhone 14 Proは従来のノッチから楕円形のパンチホールに変わりました。従来の通知では画面上部が覆われてしまい、操作に支障がでる場合がありました。

 新しいDynamic Islandと呼ぶ通知機能はパンチホールとソフトウェアが一体となり、シームレスな操作を実現しています。

 音楽を再生中は上部のパンチホールに表示されたり

 通話中も操作を妨害することなく、気持ち良いアニメーションが表示されます。これらは長押しやタップすることで、簡易的な操作を行うことができます。

 また2つのアプリケーションが被ってしまった場合は上手に分裂し、2つ表示することも可能です。

 14 Proでは1600nitまで明るいディスプレイになりました。これはAppleが販売しているPro Display XDRと同等のレベルとのこと。晴天時には最大2000nitまで引き上げることで視認性を向上させるそうです。

 そしてiPhoneにもAlways On Displayが搭載されます。

 Androidとの違いとして数々の技術を駆使することで、画面の明るさを下げ最低限の電源で表示することができます。

 これがAlways On Display時のiPhone。Apple Watchで培われた技術が応用されていそうです。

 チップセットは通常の14と差別化を図るために新たなチップ、A16 Bionicが搭載されています。4nmで製造されており、使われているトランジスタ数が160億個近いとのこと。

 A16 BionicはiPhone 11に搭載されたA13 Bionic比較でも大きく性能向上しているにも関わらず、消費電力は20%少なくなっているという驚き。

 iPhoneにもピクセルビニングがついに搭載されます。

 明るいところでは4つの画素をそのまま使い、暗いところでは4つの画素を1つとして使うことで良いとこ取りをできるセンサーとして有名です。

 そんな魅力たっぷりのiPhone 14 Proシリーズですが14 Pro米国価格は価格据え置きで999ドル、Pro Maxは1099ドルからです。日本向け価格はProは14万9800円から。Pro Maxから16万4800円から。いずれも128GBモデル、消費税込みでミリ波対応なし。

スマホで予約、自宅に届く。iPhoneを携帯四社で予約
docomo au SoftBank 楽天モバイル