ソニー、Xperia 5 IV 正式発表。さらに小型化、Qi対応も果たし9月上旬以降発売 すまほん!!

 ソニーは5Gスマートフォン「Xperia 5 IV(エクスペリアファイブマークフォー)」を正式発表しました。色展開はブラック、エクリュホワイト、グリーン。9月上旬以降発売予定。Xperia 5シリーズ初のQi無線充電に対応しています。

 前モデルより狭い、幅67mmのコンパクトなサイズに。画面は6.1型。画面輝度は前モデル比50%向上。120Hz駆動、240Hz残像低減に対応。リアルタイムHDRドライブ対応により明暗部視認性を向上、BRAVIA画質エンジンX1 for mobileで臨場感のある映像を視聴できるなどと謳います。

 Xperia専用サービス「BRAVIA CORE for Xperia」に対応。ソニー・ピクチャーズの最新映画から過去の名作までを21:9 のフルスクリーンで、しかもIMAXシアタ-のような視聴体験ができるIMAX EnhancedやDTSの臨場感ある音響、舞台裏映像が楽しめる Studio Accessを視聴できるとしています。

 16mm(超広角)、24mm(広角)、60mm(潜望鏡型でない望遠)の三眼全てでリアルタイム瞳AFに対応。動画は4K 120fpsで最大5 倍のスローモーション撮影が可能。

 前面カメラは前機種から大型化した1220万画素のExmor RS for mobileで、暗所でもクリアに自撮りできるといいます。

 動画撮影アプリVideography Proを搭載、ストリーミングモードによりYouTubeへのライブ配信も可能。VlogモニターXQZ-IV01も使用できるとしています。

 3.5mmイヤホンジャック搭載。スピーカーは左右均等で全面配列のフルステージステレオスピーカー。プロレベルの録音を実現する音楽録音機能「Music Pro」にも対応します。

 電池容量は5000mAh。最短30分で半分まで急速充電可能。電池消費を抑える「STAMINAモード」やQi無線充電、他のスマホやワイヤレス充電対応イヤホン等への「おすそわけ充電」にも対応。

 ゲーム支援機能ゲームエンハンサーを引き続き搭載。ゲーム内の暗い部分を明るく表示して敵を際立たせる「L-γ(ローガンマ)レイザー」や、敵が近づいてくる足音など特定の音をはっきりさせる「オーディオイコライザー」が利用できます。

 裏面はフロスト仕上げで指紋がつきにくく、ゴリラガラスヴィクタスにより耐傷性能も向上。スペックは以下の通り。

OS Android 12
CPU Snapdragon 8 Gen 1
メモリ 8GB
容量 128 / 256GB, microSD
画面 6.1型 21:9 FHD+(1080×2520) HDR OLED 
120Hz駆動
Corning Gorilla Glass Victus
カメラ 16mm: 1220万画素
24mm: 1220万画素
60mm: 1220万画素
前面カメラ 1220万画素
電池 5000 mAh
寸法  × 67 × mm,  172g
その他 防水防塵, 5G Sub6, Qi
3.5mmイヤホンジャック / ステレオスピーカー / Dolby Atmos
ハイレゾ / DSEE Ultimate / 360 Reality Audio

 分離プラン導入以降の慣例通り、主役のメーカーによる正式発表を追認する形で、取り扱う携帯各社が予約受付や詳細な発売日、価格等を順次告知していく形になると思われます。

Xperiaをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天 ETOREN