ライカ「LEITZ PHONE 2」、11月18日発売!1型4720万画素撮像素子、ズミクロン、ライカレンズ画質モード すまほん!!

 ソフトバンクはライカ監修の5Gスマホ「Leitz Phone 2」を独占販売すると発表しました。取り扱いは「一部の店舗」。発売日は11月18日。価格は22万5360円。

 レンズは高品質な非球面ズミクロンレンズ。4720万画素の1型撮像素子を搭載。全画素Octa PD AF方式対応で動体への合焦も迅速。人物撮影用の測距センサーで被写体を自然に際立たせると謳います。

 ライカらしい写真の撮影ができる「Leitz Looks」に対応。ライカのレンズの画質を体験できる「Summilux 28」「Summilux 35」「Noctilux 50」の三つのモードを用意。フィルターは白黒「Monochrome」に加え、「Original」「Cinema Classic」「Cinema Contemporary」も新たに追加。

 5000mAh電池や6.6型「Pro IGZO OLED」画面など、多くの仕様はAQUOS R7と共通であるものの、ストレージ容量は512GBへと増強。デザインは独自のものに。色はライカホワイト一色。

 ライカならではの機能性とデザイン性を兼ね備えた高級感のあるマグネット式の専用レンズキャップとケースを同梱。

 バンドはn79, ミリ波に非対応。プラチナバンド B8/18/19に対応。

OS Android 12
CPU Snapdragon 8 Gen 1
2.9GHz 1.7GHz オクタコア
メモリ 12 GB
容量 512 GB
画面 6.6型 WUXGA+ Pro IGZO OLED
240Hz駆動(2730×1260ドット)
カメラ 4720万画素 1インチCMOS
F1.9 焦点距離19mm
電子式手ぶれ補正
有効画素数190万画素測距用
インカメラ 1260万画素
電池 5000mAh
寸法 77×161×9.3mm, 211g
その他 nanoSIM/eSIM
IPX5、IPX8/IP6X
5G Sub6 ミリ波, おサイフケータイ
Buetooth Ver.5.2
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)
Qualcomm 3D Sonic Max
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ