まるでPSPとVAIO Type Uの合体!?夢の携帯PC「GPD Win4」、外付けモジュールで4G対応も すまほん!!

 GPD社がクラウドファンディングでの出資募集を開始したばかりの最新携帯PC「GPD Win 4」。これを株式会社天空が先行して公開しました。2023年春発売予定。色展開はピュアホワイトとマットブラックの2色。

 まるでPSPを彷彿させるデザインが特徴的。

 フォームファクタはGPD Win 3譲りでスライド式。前モデルのキーボードは静電式でしたが、今回物理式となっています。キーボードはバックライトも備えます。

  かつて「PSPとVAIO Type-Uを合体させてモバイル通信に対応したようなコンセプト画像」が流行りましたが、完全にあれですね。なお外付けの4G LTEモジュールも登場予定。

 画面サイズは6型のIPS液晶。解像度は1920×1080で最大60Hz。ベゼルレスで携帯ゲーミングPCとしてはコンパクトに。重量は約600g。

Steam Deck 幅298mm 高さ117mm、GPD Win4 幅220mm 高さ92mm

 細かい微調整可能なトリガーボタンを備えるほか、背面グリップ部にはカスタマイズ可能なバックキーも。

 側面にはマウス切り替えボタンやmicroSDカードスロットも備えます。ジョイスティックはALPS製。光学式フィンガーナビゲーションや指紋認証センサーも搭載します。

 Ryzen 7 6800Uを搭載。FSRやRSRといったアップスケーリングでフレームレートを稼ぐ技術にも対応。しかしながら実機でFHD解像度でのForza Horizon 5がかなり快適に動作するなど、Ryzen 7 6800Uの強力さが伺えました。ストレージは512GB/1TB/2TB、メモリはDDR5 16GB/32GB。操作感も良好です。

フレームレートの例 テスト環境 AMD Ryzen7 6800U 16GB LPDDR5 1TB NVMe SSD 解像度1920×1080

 専用のTDP調整ツールも搭載。1W単位での調節やGPU周波数変更、バックボタンのマッピングショートカットのカスタムなど各種機能を備えるといいます。

 ドッキングステーションも登場予定で、4G LTEモジュール装着状態で設置可能。

 海外版はクラウドファンディング実施中。国内正規版はGPDダイレクトにて本日より先行予約を開始。

 「かつて夢見た中2マシン」といったテイストで非常にそそります。筆者もクラウドファンディングに出資済みで、来年届くのが楽しみです。