iPhone 15の主要ディスプレイ供給者が中国BOEに? すまほん!!

 次期iPhone15シリーズは、ディスプレイの主な供給源をSamsungからBOEに転換した可能性があると、著名アナリストのMing-Chi Kuoは述べています。

 現在、iPhone14シリーズのディスプレイ供給元はSamsung Displayが約70%を占めており、BOEの割合は12〜15%とごくわずかです。

 しかし、Kuo氏によれば、iPhone 15/15 Plus用のディスプレイの70%や、iPhone 16 Pro/Pro Max向けのProMotionディスプレイの20〜30%もBOEが供給する予定だということで、これはAppleの大幅な方針転換と言えそうです。

 AppleはiPhone 15シリーズの価格を抑えるために安価にディスプレイを供給できるBOEを選んだのかもしれません。

 iPhone15シリーズは順当に行けば2023年に発売する予定。