Twitter非純正クライアント「遮断」、意図的であることが判明。 すまほん!!

 サードパーティの非純正Twitterクライアントが使えないとの報告が相次いでいます。

 バグや不具合との説もありましたが、これが意図的な遮断であることが確認されました。

 Twitter開発アカウントによると、以前からあるAPIルールを適用した結果だとのこと。一部海外メディアがTwitter社内Slackを情報源として、意図的な遮断であると報じていましたが、それを追認する形となります。

 今回の遮断によりTweetbotやTwitterrific、EchofonなどのサードパーティTwitter アプリが利用不能となっています。

 遮断されたTwitterクライアントがどのAPI ルールに違反したかの情報はありません。