第5回「UHS-Ⅰ対応MicroSDHC 16GB」 のらねこ!の今日もBuy it now

 

 

 

 

 

どうも、5回目です。
大体こういう記事は5分くらいで題材決めて、
本文は思いつきながらババっと書いていますが、もっといいやり方はないものか。

気を取り直して。
今回はMicroSDHCでもUHS-Ⅰに対応した、
サンディスクの「Mobile Ultra」 シリーズの16GBを買いました。
スマートフォンに使われる定番というと、サンディスク/東芝の32GBクラス4とか、
サムスンのクラス10モノって感じですが、
最近出てきたこいつはどうでしょう?って感じで買ってみました。

・パッケージと実物
 パッケージです。今回買ったのは海外版ですが、国内版も中身に
差異はありません。
価格は2,900円くらいなので、 やはり高速な分割高ですね。

Sandisk Mobile Ultra 16GB パッケージ

 

 

 

 

 

 

 

実物。 サンディスクカラーと勝手に名付けましたが、珍しく色付きです。

Sandisk Mobile Ultra 16GB 実物

 

 

 

 

 

・ベンチマーク
で、実際どれくらい速いのか?筆者の環境で計ってみました。
使用したのはUSB3.0対応のカードリーダー(バッファロー BSCRSDXU3) です。
USB3.0接続の時と2.0の時で比較してみます。

使用したソフトは CrystalDiskMark 3.0.1(64bit)で、
中身は空っぽにした状態です。

まずはUSB3.0。

USB3.0接続時のスピード計測

 

 

 

 

 

 

パッケージには Up to 30MB/sとか書いてあるのに、
シーケンシャルリードが45MB/sも出てる。詐欺だな。
その代わり書き込みは遅いです。クラス10モノに比べるとちょっとオチますね。
ランダム4kはどちらもそこそこ。

では、 USB2.0時はどうでしょう。

USB2.0接続時

 

 

 

 

 

 

シーケンシャルとランダム512kリード以外は大して変わらないですね。
まあ当然か。

実際、これだけリードが速くても携帯電話側にメリットがあるかというと
正直疑問ですが、とにかくスペック至上主義でいきたい!という方には
サンディスクという信頼性も 含めておすすめできるでしょう。

ちなみに海外では64GBモデルもリリースされてまして、
国内でも売ってるオンラインショップがあるようです。
64GBでも12、800円くらいだそうで、何はともあれ容量が欲しい!という人にはおすすめです。

では、また次回お会いしましょう。