Macのウイルス対策が必須の時代に。その理由と安心のための処方箋

“Macの安全神話”はすでに崩壊寸前

先日Javaの脆弱性をついた「Flashback」が話題になりました。Appleが対策パッチを配布し一段落付いたと思われる今でも、亜種が出現しています。最近はMacもシェアを増しており、攻撃者の標的とされつつあるようです。もはやウイルスとの脅威とは無縁ではありません。コンピュータを使う上のマナーとして、ウイルス対策ソフトが必要になってきました。

Appleは毎回アップデートでウイルスに対応してくれていますが、対応するアップデートをリリースするのに時間が掛かることが殆どです。

また、MacはWindowsのウイルスに感染しないので、そういったウイルス付きのファイルを扱っても気付くことができません。ということは、不意にwindowsユーザーにウイルスを渡してしまう可能性があるということです。お使いのMacに害のないウイルスにも、予め対策しておく必要があるということです。

万が一何かに感染してしまったとき、他の人にウイルスをバラ蒔いて、自分が加害者になってしまった、というのは(僕の職業柄もありますが…)良く聞く話です。特に仕事でMacを使う人には、念を押してPCを保護して欲しいです。

 

ウイルス対策ソフトの選ぶときの注意点

他サイトでよく紹介されているものに、リアルタイムスキャンを行わないもの(機能が定期スキャンのみのもの)や、指定したフォルダしかスキャンしないものがあります。MacはWinと比べてまだ脅威は少ないしその程度でいい。って感じなんですか?

断っておきますが、中途半端なセキュリティほど意味のないものはありません。

例えば定期スキャンにより、感染するタイミングによって検知が遅れ、手遅れになってしまってはそのウイルス対策は何の意味もなさないことになります。指定したフォルダしかスキャンしないような状態では、近日の巧妙なウイルスに柔軟に対応することは不可能です(そもそも、人やシステムの意表を突いて攻撃してくるのがウイルスですから…)

保護するためにパソコンのリソースを裂くんですから、ちゃんと保護してくれるもの、どんな時でも安心できるものを選びたいですね。

 

おすすめはVirusBarrier X6

少し馴染みのない名前かもしれませんが、Macのセキュリティベンダとして老舗のIntegoが開発しているVirusBarrier X6がお薦めです。

僕はMacを使い始めて以来こちらの製品を使っていますが、 非常に軽いです。他のアプリとは違ってMac専用にエンジンが設計され最適化されているからでしょうか?ちなみにLion発売時にはいち早く対応していました。Mac OSXのアップデートにもかなり柔軟に対応してくれています。

アンチウイルスだけでなく、ファイアウォールなども非常に簡単に、かつ詳細に設定でき、セキュリティソフトとしての機能も非常に豊富で気に入っています。 設定画面が分かりやすいのは嬉しい。

1ライセンスで2台までインストールでき、年間更新も1年で3600円と安いです。このくらいの出費で安心を買えるんです。ケチケチせずに、職場も個人のMacもまとて有料のセキュリティアプリに責任もって保護して貰いましょう。

ちなみに、上記の公式サイトから購入すると通常価格の6980円ですが、act2ストアから「乗換版」を選べば 4980円で購入することが出来ます。おすすめです。

Mac ソフトのことなら act2.com

eye catch credit: ldandersen via photopin cc