悲報… 昨年発表の「ドコモメール」、提供時期が10月に大幅延期! 理由は「抜本的な見直し必要」のため。

 まさか、丸1年待つことになろうとは……。

 NTTドコモが提供する「@ docomo.ne.jp」のキャリアメールアドレスを利用できる、新しいサービス「ドコモメール」について、NTTドコモは10月下旬に延期することを明らかにしました。昨年10月に発表されたものなので、ユーザーは丸1年待たされることになります。

 従来、キャリアメールアドレスをスマートフォンで利用するには「spモードメール」のアプリケーションが必要でしたが、このアプリは、単にUIが意味不明で操作体系が煩雑というだけではなく、やたらストレージ容量を消費する、またはドコモがアップデートするたびにデータが消失するなどの深刻な不具合も多発していました。

(GooglePlayのユーザーレビューには利用者の悲痛な叫びと、低評価が)

 そのため、メールをクラウド化し、サーバー上に保存、どのような端末、どのような環境でも受信できるよう大きく改善した「ドコモメール」の登場は、苦痛に耐え忍ぶ「spモードメール」のユーザーからは、非常に期待されていました。特に容量の足りなくなりがちな旧端末のユーザーは、端末の容量を気にしなくて済む「ドコモメール」は、救世主のような存在であったと言えます。

 しかし昨年10月のNTTドコモの冬モデル発表会で発表後、2013年1月とアナウンスされたリリース時期には間に合わず、2月に延期。さらに2月にも間に合わず、3月以降とアナウンスされ、今度は3月になると、音沙汰がなくなる事態に。このようにリリース時期の延期を何度も繰り返し、現在に至るまで未だにリリースされないという、異常事態に陥っていました。

 そして今回の「10月下旬に延期」という発表です。昨年10月発表で、今年の10月開始。今まで「ドコモメール」を期待して「spモードメール」という苦行を我慢していたユーザーにとっては、非常に残酷な通告であると言えるでしょう。

 NTTドコモは「ドコモメール」延期の理由として「抜本的な見直しが必要のため」と説明していますが、現行の「spモードメール」はそもそも世に誕生した時点から「抜本的な見直しが必要」な存在だったのですから、それではユーザーは納得しないのではないでしょうか。早急なリリースをお願いしたいです。

情報元:NTT docomo
photo credit: watz via photopincc

この記事にコメントする

comments powered by Disqus