まさかのクアッドコア らくらくスマートフォン2 F-08E登場

 クアッドコア搭載の波はついにらくらくスマートフォンにまで!

 2013年5月15日にドコモのシニア向けスマホ、らくらくスマートフォン2(F-08E)が発表されました。驚くことなかれ、搭載されているチップセットはSnapdragon S4 APQ8064T 1.7GHz クアッドコア、メモリも2GBと非常に潤沢な仕様で、他のハイエンドスマートフォンに引けをとりません。

 ディスプレイは解像度がqHD(960*540)と若干劣るものの、WhiteMagicディスプレイ(白色の画素を導入することで画面を明るくする技術)を採用することで、屋外でより明るく見やすいものとなっています。

 また、従来では対応していなかった、ドコモのLTEサービス Xiにも対応、Wi-Fiも2013年夏モデルから搭載されはじめた、IEEE 802.11 acに対応し、そのスペックに隙を感じません。

 スマートフォンを「より使いやすく」することに重点が置かれ、目的を話しかけるだけで、回答してくるしゃべってコンシェルの他にも、同じ趣味を持つ人たちが集まる「らくらくコミュニティ」も提供、利用料無料・不要な広告なしという大盤振る舞いです。

 カメラの画素数も810万画素と十分に満足できる数字、2100mAhの電池も搭載、得てして「必要か不必要かわからないけれどの高性能」と「使いやすさ」を両立したシニア向けスマートフォンは、まだまだ「ドコモダケ」の状態が続くかもしれませんね。

 なお、これだけのスペックを搭載した端末ですが、Google Play への対応可否は不明です。

主な仕様

 ディスプレイ  4.3インチ qHD
CPU(チップセット) APQ 8064
1.7GHzクアッドコア 
RAM(メモリ)  2GB
内蔵フラッシュメモリ 8GB 
カメラ 約810万画素 
3G/LTE   対応/対応
Wi-Fi  IEEE 802.11 a / b / g / n / ac
寸法   150*54*99
重量   不明
 防水  対応
 バッテリー  2100mAh
 カラー  ゴールド/ブラック/ピンク
 備考  NOTTV非対応

この記事にコメントする

comments powered by Disqus