高まる「ドコモ版iPhone」への期待 ― iPhone導入「反対派」のNTTドコモ幹部、地方に左遷?

 ビジネスジャーナルが伝えるところによると、iPhone導入に反対する幹部「N氏」が、地方支社長に異動となるそうです。

 N氏は従来の携帯電話・スマートフォンや国内メーカーを守るため、iPhone導入が検討されるたびに、導入なら自分は辞める、と強硬に反対してきた人物だそうです。株主総会のタイミングで人事異動となるようで、iPhone導入に向けた布石と考えられると同メディアは報じています。

 「N氏」と書くとまるで星新一の短編集に出てきそうな名前ですが、記事中のプロダクト部長、マーケティング部長などの経歴を照らし合わせると、決して架空の人物ではなく、確かに同じ経歴を持ったイニシャルがNの幹部が実在することがわかります。全く根拠のない話というわけでもなさそうです。

 ドコモが販促費を人気機種に集中できるツートップ戦略は、iPhone導入に反対すると思われるSAMSUNGや国内メーカーなどの抵抗勢力を押し切り、「iPhoneは人気機種だから」という建前で販促費を集中するオプションをドコモが手にしたことを意味します。Appleが販売ノルマの達成や相応のCMを事業者に求めていることは明らかであり、ツートップ戦略は、Apple側の要望を満たすための受け入れ準備と捉えることも可能です。

 果たしてNTTドコモからiPhoneは登場するのでしょうか。ありえないことですが「結局、NTTドコモのツートップが『iPhone 5S』と『廉価版iPhone』になってしまった」という悪夢のような状況も、それはそれで見てみたい気はします。

 「iPhone 5S」の発売は大体秋頃ではないかと言われていますが、その時にNTTドコモは笑っているのか、泣いているのか、楽しみに待ちたいところです。

情報元:ビジネスジャーナル

この記事にコメントする

comments powered by Disqus