スマホをヒートシンクで冷却するシール「ハイブリッドHT-02」を貼ってみた。

 そろそろ夏場で暑くなってきました。スマートフォンも熱くなってませんか?LTEやWiMAX対応のAndroidスマートフォンなんて、特に熱が気になったりしますよね。(最近ではMEDIAS Xが冷却機構を内蔵してたりします)

 自分も不安なので、さっくり「まず貼る一番 ハイブリッド HT-02」を買ってみました。

 シール一枚という非常にシンプルな構成に男気を感じますね。熱を外部に逃がす効果があるとのこと。

 というわけで早速貼ってみます。通信モデムなどが集約される傾向にある位置に貼りましょう。カバーを外して、カメラの周囲の部分に貼るとベストなんじゃないかと思います。適当にハサミなどで、カメラとフラッシュにかからないようにカット。GALAXY S4に貼ったらこんな感じになりました。見栄えは悪い。

 カバーのある機種なら、多少荒々しいカットと貼り付けでも問題ないですよ。シールの薄さは0.2mm程度。なので盛り上がってカバーが取り付けられないということもないはず。

 さて、冷却効果は、結論としては誤差の程度と感じました。「Modern Combat」をプレイしたり、テザリングを連続使用しながらYouTubeを再生したり、結構虐めてみたのですが、最高温度は39度でした。一部では発熱の報告されている機種で、40度を超えないだけでも十分でしょうか。(シールを貼っていないXPERIA Zを、同じような条件で並行利用していたのですが、最高温度は45度)

 もし熱で不安な人は、気休め程度に試してみるにはいいかもしれません。

アイネックス まず貼る一番 ハイブリッド HT-02
アイネックス まず貼る一番 ハイブリッド HT-02

この記事にコメントする

comments powered by Disqus