あなたのMacBookAirは大丈夫?SSD交換プログラムをもう一度確認しよう

macbookair

 「まさか本当に起動しなくなるとは……」 そう漏らしたのは、フラッシュストレージ交換プログラムの対象になっていたMacBook Air でデータをすべて飛ばしてしまった知人でした。

 以前から告知されているように「2012 年 6 月 から 2013 年 6 月」に発売されたMacBook Air 64GBモデル・128GBモデルはフラッシュストレージドライブが故障する不具合が見つかっており、交換プログラムが行われています。

 対象となるMacBook Airを利用しているかたは直ちに利用をやめ、データのバックアップを取り、最寄りのアップルストア、あるいはアップル正規サービスプロバイダを訪ねるか、アップルテクニカルサポートへ連絡をしましょう。

 知人の場合は宅配業者が自宅まで回収に来たそうなので、アップルストアに寄る時間がない方は、テクニカルサポートへ連絡することをおすすめします。

 アップルも以下のようにアナウンスをしています。

重要:お使いのドライブが本プログラムの対象となる場合は、オペレーティングシステムのアップデートや新しいアプリケーションをインストールしないよう強くお勧めいたします。また、MacBook Air を修理サービスに出すまで定期的にデータのバックアップを取るようお勧めいたします。バックアップの方法についてはこちらをご覧ください。

  MacBook Airをご利用の方は今一度ご確認あれ。もしも「該当の製品だけど、よくわからないから、自分は大丈夫だろう」とお考えの方はその考えを改め、すぐにアップルストアへ向かいましょう。 

 自分のMacBook Airが該当の製品かわからない。最寄りのアップルストアが知りたい、連絡先が知りたいという方はリンク先から。

リンク:  MacBook Air フラッシュストレージドライブ交換プログラム

この記事にコメントする

comments powered by Disqus