レビュー:スマートウォッチ「Fuelband」の新型が日本で発売!未来的でかっこいい。実用的で高級感あり、なかなか良いです

Nike-FuelBand-2-apple-m7-processor

 昨日11月6日、「Fuelband」の新型「NIKE+ FUELBAND SE」が発売していたので、心斎橋Apple Store手前のナイキストアで購入してきました。iPad並んでるとき、ずっと気になっていたんですよね!

 「スマートウォッチ」はどれもゴムバンドから変にディスプレイが独立したような、不調和なルックスが苦手でしたが、こちらはリストバンド型に上手に凝縮されており、かっこいいなあと思ったのが購入のきっかけ。競合製品によくあるスマートフォン連携機能って全く使わないので、フィットネストラッカーとしても最適化されたこちらの製品は魅力的でした。

DSC02747DSC02724

 僕は今回ピンクモデルを購入。ボタンを押すとLEDディスプレイが点灯し、時計や今日の運動量を表示することができます。かっこいいですよね!結構明るいので、昼間の外でもよく見えます。

 バンド部分が伸縮しないので、鍵のような物を使って、サイズ調節用のパーツを腕の太さに合わせて増やすことができます。あとはUSBアダプターと説明書。本体にもUSB端子が付いているので直接接続も可能。充電やPCでデータ同期するために使います。

スクリーンショット 2013-11-07 9.19.11

 iPhoneとの連携には専用のアプリを使います。Bluetoothで自動でペアリング。運動量の表示や簡単な設定が可能です。UP by Jawboneのように、使っている友達の状況を確認することも可能です。

 今日、モーションセンサーを搭載したフィットネス製品は多いです。他社製品では、運動量や消費カロリーを量るため「歩数」を指標にすることが多いんですが、サイクリングのような「歩数」がない運動や、モーションセンサーを装着した腕を激しく動かす運動では、誤動作することもあり、計測結果が数字としてイマイチに思う場合も多くありました。

 Fuelbandでは、ランニングから日常生活まで、あらゆる動きをカウントするNIKEFUELという独自の指標を導入しています。独自の単位ですが、全ての動きを算出してくれるので、運動量の表現としてむしろ直感的ですし、説得力があります。この辺は流石スポーツメーカーと言ったところでしょう。もちろん歩数や消費カロリー量も表示可能ですよ。

DSC02749SONY DSC

 ただ、初期設定にPCが必要な点と、Androidにも対応していない点は残念だと感じました。ナイキがアップルのパートナーである以上に、AndroidデバイスにおいてBluetooth LEに関する仕様が統一されていないことが原因のようです。パートナーを模索中とのことなので、メーカーを限定してでもいち早く対応して欲しいところですね。(タッチラボさんの記事)

 とはいえ、化粧箱から現物まで高級感あり、なによりかっこいいですし、実用性も充分。満足です。15000円ですが、スマートウォッチとしては安め、コスパは高いと思います。フィットネス製品としてはもちろん、ガジェットでお洒落したいあなたにも是非オススメしたい一品です!

購入はこちらからどうぞ: Nikeオンラインストア Nike FuelBand SE

この記事にコメントする

comments powered by Disqus