中国で大人気の中国製スマホ「紅米Note」、早速中国メーカーにパクられる

xiaomi-hong-mi-note

 中国の新興スマートフォンメーカー小米科技(Xiaomi)は、中国のSNS「QQ空間」で新型ファブレット「紅米Note」を正式発表しました。

  本機は5.5インチのディスプレイで、比較的リッチな性能を備えながらも、799元(1万3000円)という非常に安価な値段に抑えられています。(スペックアップされた強化版は999元) 

 チップセット MediaTek MTK6592 オクタコア 1.4GHz(強化版は1.7GHz)
 ディスプレイ 5.5インチ HD解像度 IPS液晶
 実行用メモリ 1 GB (強化版は2GB)
 内蔵ストレージ 8 GB (強化版は16GB)
 カメラ 背面:1300万画素
前面:500万画素
 バッテリー 3200 mAh
 OSバージョン MIUI ROM v5 (Android 4.2.2 Jelly Bean)
その他 デュアルSIM, BT4.0, microSD

 発表後から予約が殺到しており、発売日の3月26日を控え、現時点での「QQ空間」上での予約数は1200万台を超えています。

xiaomi-red-rice-note

 以前も4.7インチのスマートフォン「紅米手机」が登場した時、オンラインでの予約が1日で350万にも達しており、Xiaomi製品の人気ぶりが伺えます。

redrice

 「紅米手机」と同程度の安価な値段で購入できるにも関わらず、大画面化されている「紅米Note」は、中国の消費者には魅力的に映ったのでしょう。さすがユーザー目線でのモノづくりを心がけているXiaomiだけありますね。

参考:これが「iPhone 5C」の好敵手――「東洋のアップル」と呼ばれる中国メーカー「小米(Xiaomi)」とは?

 そんな「紅米Note」に目をつけたのが、同じく中国を拠点にしているメーカーGoophone社です。

 これまでGoophoneは、AppleやSAMSUNGの製品を本物そっくりに模倣したAndroid端末をリリースすることに全身全霊を捧げており、明日発表予定のHTC One後継機を、ずいぶん前からリーク情報を元に模倣して発表しているようなメーカーです。

【SIMフリー】GooPhone i5S ☆iPhoneみたいなAndroid4.2スマホ★4.0インチFWVGA/1.2GHzデュアルコアCPU[並行輸入品]《050IP電話アプリ・プリカ付》 (ゴールド)
SIMフリー GooPhone i5S Android4.2

 今回、Xiaomiの「紅米Note」の人気ぶりを受けて発表された「Goophone Note」は、MediaTekのMT6592、2GBメモリ、HD解像度のディスプレイ、1300万画素カメラと500万画素フロントカメラを搭載しており、「紅米Note」の強化版とそっくりなスペックです。

red-rice-note-goophone
 ただしディスプレイサイズは5.7インチと若干大きくなっているようです。

 Xiaomiのような素晴らしいメーカーもある一方で、このように「クローン機種」の開発に関しては他社の追随を許さない恐るべきメーカーも存在するのが、中国の面白いところです。

情報元:Xiaomi, QzoneTechnote, Goophone

この記事にコメントする

comments powered by Disqus