LG コンパクトモデル G2 mini を国内展開。ビッグローブが販売

LG_G2_mini

 

 LGエレクトロニクスは、同社フラッグシップモデル G シリーズ初のコンパクトモデル LG G2 mini の国内展開を発表しました。取り扱い事業者はMVNO事業者であるBIGLOBE(ビッグローブ)で、9月からの発売を予定しています。

 主な仕様は以下の通り。

CPU  Qualcomm Snapdragon S400 1.2GHz クアッドコア
ディスプレイ   4.7 インチ qHD IPS
 ネットワーク(3G) 2GHz / 800MHz 
ネットワーク(4G)  2GHz / 1.7GHz / 800GHz 
 RAM 1.0GB 
 内蔵フラッシュメモリ 8GB 
 カメラ 800万画素(フロント: 130万画素) 
バッテリー  2,370mAh 
 OS Android 4.4 KitKat 
 重量 121g
 カラー インディゴブラック / ルナホワイト 

 G2 mini は昨今のトレンドとは異なるコンパクトなボディを持ち、フラッグシップモデルと言えるスペックではありませんが、必要なものを必要なだけコンパクトなボディに詰め込んだ一台と言えます。

 国内で販売されている LG製の端末はベースモデルの G2 が海外では Android 4.4(KitKat) へとアップデートされている中、国内では L-01F はアップデートが 4.2 で打ち切られ、isai もアップデートが遅れているため、グローバル仕様の端末がそのまま販売されることは手放しで喜びたい状況と言えます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus