ソニー、自撮りファブレット「Xperia C3」正式発表

2014-07-08 07.43.38

 Sony Mobileは、「セルフィー(自撮り)」に特化したスマートフォンXperia C3を発表しました。前面上部に搭載された「PROselfie cam」は500万画素で、広角レンズを搭載することで、より広い範囲を撮影可能。前面でも「プレミアムおまかせオート」による画質補正に対応。隣にはLEDフラッシュを備えるなど、珍しい構成です。

 ディスプレイは5.5インチ、LTEにも対応し、デュアルSIMスロットを備えます。本機の詳細なスペックは以下の通り。

SoC Snapdragon 400 クアッドコア 1.2GHz
 ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720) IPS トリルミナス 
OS  Android 4.4 KitKat 
カメラ  8MP, Exmor RS for mobile
インカメラ  5MP PROselfie cam, Front Flash LED
 ネットワーク FDD-LTE Cat.4 下り最大150Mbps, Bluetooth(aptX, A2DP), GPS, GLONASS
メモリ 1GB
 内蔵フラッシュメモリ 16GB
MicroSD microSD, SDHC, SDXC対応 
サイズ  156 x 78.5 x 7.6 mm
 重量 150 g  
バッテリー  2500 mAh 
その他 防水防塵

 カラーは3色展開。ミントカラーが可愛いですね。

1_Xperia_C3_Group_Colours_Front

 本機は2014年8月以降グローバル市場で展開予定で、早期に投入される市場として中国市場が挙げられています。中国市場は自撮りへのニーズが特に強く、Xperia C3に先んじて、中国メーカーを中心にフロントカメラの高画素化の競争が始まっており、それにSonyが追随する形となります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus