iWatch改め、「Apple Watch」正式発表!ダイヤル方式の操作を採用

スクリーンショット 2014-09-10 3.01.12

 これまで「iWatch」として噂されてきた待望の腕時計型端末が、ついに「APPLE WATCH(アップルウォッチ)」の正式名称で発表されました。Apple Watchには、

外観

ダイヤル操作を採用

スクリーンショット 2014-09-10 3.03.36 スクリーンショット 2014-09-10 3.04.26

  Macでマウスを開発し、iPodではクイックホイールを開発、iPhoneではマルチタッチを開発したApple。このApple Watchではダイヤル方式を採用しました。Android WearやGearSである複数の指で操作するものとは違い、指一本で操作できるものとなっています。 

アプリケーション

 アプリケーションにはメールやミュージックを始めとしたiPhoneとうまく連携できるようになっています。Siriも利用できるようなので、iPhone6 Plusで大きくなってしまってもこれがあればスマートにカバーできそうですね。

 メールやメッセージはiOS8の新機能である『Quicktype』に対応。簡単な返事はワンタップで返事ができます。

 マップも操作できます。もちろん経路も検索可能です。従来では歩きながら検索して周りが見えなくなり事故が多発する『歩きスマホ問題』がありましたが、これにより、少しは改善に向かいそうです。

アプリケーションはApple純正だけでなく、サードパーティ製も動作します。Facebookなどが開発しているようです。

バンド

 バンドはスライドすることで簡単に変更可能。その日のファッションに合った色のバンドにできます。

種類

apple-watch

 AppleWatchは3種類。AppleWatch Sports, AppleWatch Editionもあります。

気になる充電方法

スクリーンショット 2014-09-10 3.13.52

 充電方式はMoto360のような感じで充電できます。磁石ピタッとでくっつきます。

[訂正]初出時、充電ポートが錆びる問題が起きないとの記述がありましたが、錆について現時点で確認できないため、削除いたしました。

その他の機能

 心拍センサーも搭載し、SamsungのGearみたいな使い方もできます。Healthなどのライフログアプリケーションと連携すれば、ライフログがかなり快適になります。

 NFCも搭載し、先ほど発表されたApple PayもこのApple Watchで利用可能です。

 対応機種

 発表されたばかりのiPhone6、6 Plusに加え、5sと5cそして5も対応します。

価格

 349ドルとLG G WatchやGear Liveなどと比べると少し高めの設定です。

発売日

 2015年内を予定。それまでに果たしてAndroid Wearはどうでてくるでしょうか……

この記事にコメントする

comments powered by Disqus