Tegra K1搭載ゲーミングデバイス「SHIELDタブレット」が日本上陸。発売日は10月10日に

shield-tablet-controller-header-image

 PC/モバイル向けのGPUを開発している大手メーカーNVIDIAが、グローバル市場で発表していた8インチゲーミングタブレット「SHIELD Tablet」と、「SHIELDワイヤレス・コントローラー」が、日本市場でも投入されます。

 「SHIELD Tablet」は、196コアのTegra K1により、モバイルとは思えないゲーム体験を実現します。PORTALやHalf-Life 2といった有名な「洋ゲー」が最適化済み。さらに数百のPCゲームが、「GeForce GTX」搭載のPCからストリーミングでプレイできる「NVIDIA GameStream」に対応。プレイ動画の配信を行う「NVIDIA ShadowPlay」にも対応。

 OSはANdroidベースであることから、無数のAndroid用ゲームアプリもプレイ可能。無線コントローラのキーをタッチパネル上のタップに割り当てることもできるため、Android用のタッチ操作前提のゲームも快適にプレイできます。まさにゲーマーのためのタブレットと言えるでしょう。

SoC Tegra K1 2.2GHzクアッドコア, 192コア Kepler GPU
メモリ  2GB
ストレージ  16GB(Wi-Fiモデル) / 32GB(Wi-Fi+LTEモデル)
 ディスプレイ 8インチ 1920×1200 IPS
カメラ  500万画素 (インカメラ: 500万画素)
 バッテリー 5330 mAh
寸法 221 x 126 x 9.2mm
重量 390g
その他  9軸センサー, miniHDMI, MicroUSB 2.0

 日本国内での発売日は10月10日。価格はオープン。販路はエディオン、NTT-X STORE、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、ムラウチドットコム、PCDEPOT、ヨドバシカメラ、アスキーストア、e-TRENDと、1’s PCワンズおよびJoshinの一部店舗となります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus