ファーウェイ、SIMフリー機「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」を12月12日に日本発売。

 Huaweiは、SIMフリーのAndroidスマートフォン「Ascend Mate 7」および「Ascend G620S」を12月12日(金)に日本市場で発売します。販路は各MVNOと全国の家電量販店、オンラインショップ。予約は12月4(木)より開始。

Ascend Mate 7

d2531-51-366197-1

 Ascend Mate7は、ファーウェイグループのHiSiliconが開発した最新チップセット「Kirin 925」を搭載する、6インチのファブレット端末。ディスプレイは画質、視野角に優れたJDI製の6インチIPS-NEO液晶。バッテリーは4100mAhとかなりの大容量。狭いベゼルと薄型の筐体、指紋認証センサーといったトレンドをしっかり抑えたハイスペックモデルに。

OS Android 4.4 KitKat / Huawei Emotion UI 3.0
CPU HiSilicon Kirin 925
オクタコア(ARM Cortex A15 1.8GHz ×4, ARM Cortex A7 1.3GHz
×4, i3 Co-processor 230MHz x1)
メモリ 2GB
ストレージ 16GB, microSDカードスロットあり
ディスプレイ 6インチ LTPS インセルタッチパネル Full HD, 368ppi
カメラ 1300万画素, レンズ F値2.0, BSI
インカメラ  500万画素
 バッテリー 4100mAh
その他  LTE Category 6対応(下り最大300Mbps
バンド  LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40
WCDMA : B1/B2/B4/B5/B8/B19
GSM : B2/B4/B5/B8

 想定価格は4万9800円となっています。

Ascend G620S

d2531-54-452004-0

 価格を抑えた格安モデル。自然な色味を再現するブルーガラスフィルターをカメラに採用。ソフトウェアにはHuaweiお馴染みの「Emotion UI 2.3」を搭載しています。

OS Android 4.4 KitKat
CPU  Qualcomm MSM8916 Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア
メモリ  1GB
ストレージ  8GB, microSDカードスロット
 ディスプレイ 5インチHD
カメラ  800万画素
インカメラ  200万画素
 バッテリー 2000mAh
寸法 72.1(幅)×142.9×8.5mm
重量 160g
バンド GSM:850/900/1800/1900MHz
W-CDMA:800/900/2100MHz
LTE:B1/3/7/19

 想定市場価格は2万1800円。上記2機種ともに、本日より予約開始、今月12日発売となります。MVNOも認知され始め、SIMフリー端末の選択肢も着実に増えつつあるのは喜ばしいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus