Xperia Z3を冷却しながら連続4K動画撮影してみた

 XPERIA Z2 / Z3では、端末温度の上昇により4K動画撮影がすぐに停止してしまいます。短いと3分ぐらいで止まってしまいます。

 Xperia Z3 SOL26で電子式手ブレ補正をオンのまま、4K動画の撮影を開始し、積もった雪の中に本体を突っ込んでみました。防水防塵なので多分大丈夫でしょう。以下の動画より。

 撮影時間は3分どころか10分を突破。しかし17分22秒のところで、撮影が終了。水滴でタッチパネルが誤作動したのかと思ったのですが、どうやら空き領域の問題のようです。使用可能領域約25GBのうち、4K動画ひとつだけで6.7GBも消費されており、空き容量が5%以下になっていました。

 なるほど、4K動画の問題は熱だけでなく、その容量にもありますね。まさか17分でこれだけの容量を消費するとは。大容量のmicroSDXCカードを挿して、動画の保存領域に設定しておけばもっと撮影できたでしょう。

 熱と容量という2つの問題を考えると、スマートフォンでの動画撮影で4Kは、まだ実用的とは言い難いですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus