安い!小さい!軽い!三拍子揃ったSIMフリースマホ「Polaroid pigu」レビュー

p-p

 NTTコムストアにて「Polaroid pigu」とSIMカードのセットが4,980円だったので、購入しました。SIMは開通させなくても良いようです。本来なら本体が9,601円、「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」の初期費用が3,240円なので、かなりお得なセットでした。かなり人気で、残念ながら現在は売り切れとなっています。

作りは値段相応

hold

 持った感じはとてもチープ。ディスプレイは視野角が非常に狭く、発色が悪いです。本体の質感や、ボタンを押下した時の音などはやはり値段相応だと感じました。

スペック

 CPU 1.0GHz Dual-core
 RAM 512MB
 ROM 4GB
 外部メモリ microSD(32GBまで対応)
 OS Android 4.4 KitKat
 画面サイズ 3.5インチ
 解像度  480×320(HVGA)
 カメラ 背面:200万画素 前面:30万画素
 SIMスロット 標準SIM+MicroSIM
 バッテリー容量 1400mAh
 サイズ(W×H×D) 116×60×9.9mm
 重量 約97g 

 使ってみて感じたのは、このスペックでも意外と普通に使えるということ。お世辞にも快適だとは言えませんが、重い処理でなければ遅いと感じることはありませんでした。

Playストア使えます!

google-play

 格安スマホはPlayストア非対応のものが多いイメージがありますが、「Polaroid pigu」は対応しています。多くのアプリやゲーム、映画などのコンテンツが楽しめます。

絶妙なサイズ

cmp

横はiPhone 5/5s、縦はXperia rayと大体同じです。手にすっぽり収まるサイズで、手が小さくても画面の端まで指が届かないことはなさそうです。

サブのスマホとして使うならアリ

back

 とてもコンパクトで、価格が魅力のスマートフォン。LTE非対応や低解像度のディスプレイ、おまけ程度のカメラはメインでバリバリ使うには不向き。その一方で、デュアルSIMFOMAハイスピード対応などサブ機として使うなら便利な構成になっています。

メモリが増えたモデルも登場予定

 今回レビューしたのは、RAM 512MB、ROM 4GB。3月にはRAM 1GB、ROM 8GBのモデルが発売予定となっています。いまどきRAM 512MBは心許ないので、1GBモデルを待ったほうが良さそうです。

まとめ

l−img

 非常に安価なので、子供用や初めてのスマートフォンにはいいと思います。処理内容によってはレスポンスが悪いことがあります。数秒待たされることがあっても、笑って許せるくらい心に余裕を持って使うといいでしょう。

 

Polaroid pigu発売記念 (三大特典付き)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus