アルミニウム筐体がMacBookにぴったり。Inateck4ポートUSBハブをレビュー

inateck_al_usb_hub_003

 MacBook Air 良いですよね。本体が薄く、軽量なので、気軽に持ち運べます。一方、本体をコンパクトにするため、いろいろな機能が省かれていますが、その最たる例はUSBポートです。

 外出時はUSBポートの少なさに不満を覚えることはありませんが、自宅で作業をする際に、TimeMachineでバックアップをしながら、光学ドライブやUSBメモリを接続すると、USBポートが埋まってしまいます。そんな時に役立つのがUSBハブです。今回、Inateck様より評価用のサンプル機材を頂戴したのでレビューをしていきます。

こだわりを感じるアルミニウム筐体

inateck_al_usb_hub_002

USB端子が白い!

 本製品は MacBook シリーズのように、筐体がアルミニウムで作られているため、Mac との親和性が高いです。アルマイト処理がなされているため、さわり心地もよく小傷に強そうです。USBコネクタが青色ではなく白いあたりもこだわりを感じますね。本音を言えば側面もアルミの削り出しだと良かったのですが、贅沢の言い過ぎかもしれません。

inateck_al_usb_hub_001

USB端子の形状はmicroB

 実際に愛用しているMacBook Airと並べて使ってみましたがデザインに違和感を感じません。ただ、付属のケーブルが少し太く硬いのがマイナスポイントです。また、電源入力用のポートが用意されていますが、ACアダプタなどの附属品はないため使えないようです。ACアダプタを指さなくても利用出来ますが、腑に落ちないのも事実です。筐体にこだわりを感じるだけに附属品も頑張ってほしかったと思います。

動作は快適そのもの

inateck_usb_hub_include_usb3-0-chip

利用されているチップはGenesys Logic製の模様

 本製品に複数のUSB機器を接続して利用しましたが、動作は快適そのものでした。USB 3.0の過渡期では搭載されているチップの相性問題などがありましたが、本製品では特に気になることはありませんでした。

 Time Machine を実行しながら、USBメモリを接続したり、スマートフォンを接続できるのはやはりありがたいの一言に尽きます。価格も1,799円とお買い求めになりやすい価格帯なので、Macユーザに限らずWindowsノートをご利用の方にもお勧めしたいです。

Inateck USB3.0 高速ハブ 4ポート 30CM USB3.0ケーブル付き アルミ製 バスパワー ユニボディハブ USB1.1/2.0互換 Inateck USB3.0 高速ハブ 4ポート 30CM USB3.0ケーブル付き アルミ製 バスパワー ユニボディハブ USB1.1/2.0互換

この記事にコメントする

comments powered by Disqus