KDDI系MVNOサービス「UQ mobile」その実力はいかほど?

uq_mobile_logo

 2015年3月からKDDI 系 MVNOサービス、UQ mobile(KDDIバリューイネイブラー提供)のデータ高速プランを使い始めました。

 SOL26(XPERIA Z3)を、外出先で通信利用したいと思ったとき、KDDI系のMVNOサービスとして、ケイ・オプティコムが提供するmineoとUQ mobileのどちらにするか検討したのですが、UQ mobileはKDDIの直接的な子会社が運営しており、ある程度の信用できることや、UQ mobileは、まだユーザー数が少なく、安定した通信ができるという、口コミ情報から、UQ mobileを選びました。

料金とサービス

 月額980円で3GBまでのデータ通信が、受信最大150Mbps・送信最大25Mbpsで可能なデータ高速プランか、月額1,980円で送受信最大500Kbpsのデータ通信が無制限にできるデータ無制限プランが選べます。音声通話サービスが必要な場合は、加えて月額700円がかかります。価格はいずれも税別です。

wimax2plus-ca-au-kddi

 ほぼ同内容のdocomo系MVNOサービスと比較するとやや高めの料金設定ですが、auの白ロムでもそのままテザリングが利用できることや、回線の品質を考えると価格相応に思えます。

 また、スマホが対応機種ならばCAやWiMAX2+も利用できるので、安定した通信やLTEの混雑回避が期待できます。

使ってみた印象

IMG_8169001

 「速度もエリアもauのLTE回線と遜色ない品質」というのが率直な感想です。3Gエリアには非対応ですが、au 4G LTEは800MHz帯でかなり広いエリアをカバーしています。東京都西部の田舎で生活していますが、圏外になることはありませんでした。

 YouTubeで1080p/60fpsの動画を再生してみましたが、途中で引っかかることもなく、アプリをダウンロードしても「待たされた」と思うことはありませんでした。

 家で寝ているau LTEスマホがあるのならば、有効活用できるのではないでしょうか。

今後改善を希望すること

今後、改善を希望したいのは、以下の4つです。

  1. iOS 8以降への対応
  2. VoLTEへの対応
  3. データ容量の追加購入サービスの提供
  4. 音声付き回線での最低利用期間の撤廃

 1と2は、技術的な要因で難しいことは分かりますが、ユーザから待ち望む声も多いので、KDDI バリューイネイブラーさんには、是非がんばっていただきたいところです。

 また、同種のサービスである、mineoと異なりモバイルルーターやデータカード等が利用できないことも、利用シーンを狭めていると感じるので、対応に期待したいです。

 近日、スピードテストの結果などを含めたレビュー記事も掲載を予定しているので、乞うご期待ください。

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus