トヨタ。北米でのAndroid、iOSを搭載せず。

Toyota-Toyota

 Autoblog日本版の記事によると、北米トヨタはAndroidAuto やiOSのCarPlayに対応せず、それぞれの端末は接続可能ながらも独自のベンチャーが開発したシステムを採用すると報じています。

 詳細は、同記事を読んでいただくとして、クルマのナビがスマートフォンOS企業の規格に合わせるのは、クルマの位置情報のビッグデータが各社に渡ってしまうこととなり、安全やナビなどの情報の主導権をGoogleやAppleに握られてしまうことになります。

 日本の同様の事例としてはHONDAが採用しているスマートディスプレイが既に独自システムとしてiOSの接続やナビ、Siriコントロールやハンズフリーの機能を搭載していますが、対応するアプリはHONDAが用意したものであり、これにより混雑情報などをHONDA車同士でビッグデータとして、活用することが可能になっています。

 一方で、AndroidAytoやCarPlayでは消費者はGoogleやAppleの最新の機能を活用できるなど、OS一体の良さも享受できます。とはいえ未だAppleの日本語版地図は、不完全で発展途上でもあり、カーナビとしては実用的ではありません。

 単なる規格の枠を超えて、クルマのビッグデータを誰が使うのか?どのように活用されるのかが、注目されそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus