スマホ購入相談#01 Xperia Z1 SOL23を、最新Xperiaに買い換えたい

01. Xperia_Z5_Colour_Range

質問:Xperiaを買い換えたい、安く利用したい

差出人: suguru さん

使用中の機種(そのお気に入り箇所、過去機種変歴):
XPERIA Z1 SOL23

次の機種でしたいこと・望む機能など:
来月には契約から24ヶ月になり、学割等の割引額が下がってしまうのでauで再度新規契約(なんてこと出来るのでしょうか?)か、機種変更か、docomo,SoftBankにNMP、MVNO どうすれば安く利用できるかを相談したいです

現高校3年生なので学割を利用したいです
家にはKDDIの回線が通っています
電話はほとんど利用せず、毎月7GB近くデータ通信を利用しています

機種は希望を言えばXPERIA Zシリーズ(docomoならばZ5 Compact)を購入したいと考えています(キャリアロゴはこの際あまり気にしません)

端末代の予算上限:
予算上限なし、一番いいのを頼む

キャリア変更の有無
MNP , 機種変更 , 新規

今使っているキャリア・料金プラン:
au 2013年1月新規契約/SOL23一括払い/LTEプラン/LTEフラット/誰でも割/家族割/学割/auスマートパス/auスマートバリュー/

今の契約に不満はありませんが、新しいかけ放題プラン等の料金に心配しています

避けたい条件:
電話は家族(au携帯)と時々する程度なので、かけ放題等のプランはなるべく避けたいと考えています(最悪電話を利用しないでも大丈夫)

回答

 au版Xperia Z1を利用中のようなので、確かにそろそろ買い替えの時期ですね。新規契約から3年で学割の適用期間も終了、そろそろ毎月割の消滅やスマートバリューの割引額の934円への減額もあるとなれば、いいタイミングです。

 基本的には各社の学割は、早ければ1月末には始まっているのではないかと思います。買い物をするにあたって、1月以降がひとつの良いタイミングでしょうか。

 最新のXperia Z5シリーズは、取り扱いがあるのは大手携帯3社です。月7GB使用し、電話はしないということになると、大手3社の中では旧料金プランがベストですね。旧料金プランとしては、現時点ではauのLTEフラット、SoftBankのホワイトプランが新規受付を継続しています。

 au内で機種変更で購入する場合、ネックなのは機種代金です。Xperia Z5は機種変更で8万4240円、分割支払3510円。月額トータルコストは、機種代含め8681円/月になると思います。(スマートパス加入時の毎月割と2年経過後のスマートバリューで計算。)また、機種変更の場合は学割が受けられない可能性も高いです。

 もしそこで安さを取る場合、SoftBankのホワイトプランへの乗り換えもひとつの選択肢です。MNPならば学割適用も期待できますし、機種代の特価もありえます。もし一括0円で購入できれば、割引等を考慮して月額コスト3000円台での維持も可能です。SoftBankの最近の特価は、一括購入割引という「安くする代わりに、2年以内の解約に高額な違約金を払わせる」という罠付きの場合もありえるのですが、suguruさんは2年間機種を使っているので、違約金の点はあまり心配ないかもしれません。

 ただし、学割が始まる頃にXperia Z5がどのような特価販売となっているのかは不明です。特に今回、総務省は携帯料金値下げについて12月中におおよその方針を決めることになり、おそらく学割が始まる頃には、その動向に従い各キャリアが安売り・MNP時の割引増額を、「自粛」している可能性もあるでしょうから、その時に改めて「auのままか?それともSoftBankにMNPか?」という選択肢を選ぶ必要があります。

 端末代予算に上限は無いようですから、いっそのこと、中古または国際版のXperia Z5 / Z5 Compactを購入し、MVNOの7GB以上の大容量の通話プランを契約するという手もあります。そうであれば、Xperia Z5 Compactと大容量通信を、安い料金で運用することも可能です。ただし故障・修理のリスクを考えると、強くおすすめはしません。

 MVNOの中で大容量で比較的品質がいいのはIIJmio、OCN。容量をきめ細やかに選べるのはDMM mobileなど。もし余っているドコモの端末があれば、今からデータ契約をして、データ通信の品質を試してみるのもいいと思います。会社によって、地域や利用時間によって、品質が左右されますので、個々人に合うMVNOのサービスは違いますからね。音声契約とは異なり、データ契約は解約金が発生しないのがほとんどです。例外は「超短期解約」で、IIJmioなら開通月の翌月末までは縛りがあります。最も安い容量のプランでデータ通信のみ契約し、普段の行動範囲で問題ないかを確認し、縛りがとけたらすぐ解約するのがいいでしょう。

 可能であれば学割が発表されるまではMVNOをチェックしつつ、学割が始まった時の各社の施策・特価販売の状況を見て、どの会社でXperiaを運用するのか決定する、というのが良いかもしれません。

複雑化する大手会社の携帯料金、多様化する選択肢。スマートフォン購入のお悩み相談をこちらより受け付けています。過去記事はこちら

online-shop-docomoonline-shop-auonline-shop-softbankonline-shop-ymobile

この記事にコメントする

comments powered by Disqus