あのシャオミが専門ショップをつくった!台北小米之家はこんな感じ

 飛ぶ鳥を落とす勢いの中国メーカーXiaomi(小米科技)ですが、台湾にもついに専門ショップを出店しています。

2015-10-24 12.02.21

 場所は台北捷運(MRT)蘆洲線の行天宮駅3番出口を上がってすぐのところ。自分は台北駅から忠孝新生駅で蘆洲線に乗り換えました。改札はもちろんEasyCardで。

2015-10-24 11.44.46

 営業時間は11時から19時。

2015-10-24-11.45

 店内はXiaomi製品や周辺機器が展示されていて、購入も可能。

2015-10-24-11.45

 こちらはXiaomi Mi4の国際版となるMi 4i。言語に日本語はありません。

2015-10-24-11.46

 5.7型FHDのファブレットMi Note。(Mi Note Proではなく。) SoCはS801で動作につっかかりはなく快適そうでした。筐体のデザインや質感はGalaxy Note 5にかなり近い印象でした。

mi-note-pro

 アクションカメラ Yi Camera。Go Pro的なアレ。

2015-10-24 11.49.42

 ウェアラブルデバイスMi Band[(小米手環)。

2015-10-24 11.55.18

 店内ではコーヒーも飲めます。

2015-10-24 11.52.14

 紙コップにはロゴ。

2015-10-24 11.53.02

 マスコットキャラの米兎ちゃんが随所に配置されていました。好みは分かれそうですが個人的には可愛いと思います。(メンヘラチャンのうさたんとかあんなノリ)

2015-10-24 12.01.07

 ただのソファでくつろげるスペースと思いきや、テレビや各種周辺機器もXiaomi製品。スマートフォンだけじゃないのです。Mi TV2も触ってみましたが、Androidベースの独自OSで、それなりにキビキビ動きます。現地の動画配信サービスやゲームに対応しています。

2015-10-24 11.58.13

 空気清浄機。これもXiaomiの製品です。(元バルミューダ社員が作ったのもあってか、そっくりですね)

2015-10-24 11.56.42

 スマートフォンだけではなくその周辺機器をもって攻めていっているXiaomi、その世界観を垣間見られて楽しいお店です。日本にも登場したら面白いですね。(難しいとは思いますが)

 香港店の記事はこちら。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus