MWC2016:ZTE、マシュマロ搭載モバイルプロジェクター「Spro Plus」発表。 すまほん!!

zte-spro-plus-840x345

 ZTEは、Android搭載のモバイルプロジェクター「Spro Plus」を発表しました。日本でもSoftBankから投入されているモバイルシアターシリーズの最新モデルとなります。

 投影時間は、従来モデルは2.5~3時間だったものが、Spro Plusでは倍の容量12100mAh電池を搭載することで6時間の投影を実現。明るさは500ルーメンに向上。投影サイズも最大300インチ。

 ディスプレイは8.4インチ、解像度は2560×1600。SoCはSnapdragon 801、ストレージは32/128GB、OSはAndroid 6.0 Marshmallow。Androidで利用できる写真・動画・アプリは大体壁に大きく映し出せるというわけです。

 カラーはゴールド・ブラック・シルバー。市場投入時期は2016年第2四半期。今年後半にはLTE対応モデルも登場します。これでビデオ会議通話なんかしたら便利そうですね。日本でもキャリア以外から出てきたら嬉しいです。

こんな記事も読まれています

音楽と読書全振り「Hi TOUCH」発表。バックライト付き電子ペーパー搭載

シャオミ「Mi 11 Lite」発表。軽量で5G対応

Redmi K40 Gaming Edition発表。しまえる物理ボタンの激安ゲーミングスマホ!

Huaweiから独立後初!新スマホ「Honor V40」発表

高コスパ端末「iQOO Z5x」仮想メモリと液冷ひっさげ登場!

ファーウェイ、5G非対応 スナドラ搭載「HUAWEI nova 8i」発表

復刻!「Redmi Note 8 2021」登場。