Fit後継。MIL規格対応のarrows SV F-03H発表、有機ELはやめる

 NTT docomoは富士通製Androidスマートフォン「arrows SV F-03H」を発表。デザインはややXperia Z3風。アルミフレームはハードアルマイト処理、背面はハードコート処理。カラーはゴールド、ブラック、ホワイト。

arrows-sv-f-03h

 昨年のarrows Fitを踏襲したようなミッドレンジモデルで、実行用メモリやストレージ、画面サイズと解像度など据え置き。カメラの画素数とバッテリー容量が微増。

OS Android 
CPU  Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916
メモリ  2GB
ストレージ  16GB
 ディスプレイ 5インチHD TFT液晶, ゴリラガラス3
カメラ  1300万画素
インカメラ  500万画素 
 バッテリー 2580 mAh 
寸法 72×144×7.8mm
重量 140g
その他  microSDスロットあり、防水防塵, nanoUIM, VoLTE,

 MIL規格対応で防水防塵、ワンセグとFeliCaも備えます。いつも通りであればドコモ以外からも本機種をベースとしたSIMフリーモデルarrows M03が登場するでしょう。

 なお、arrows Fit F-01Hおよびその兄弟機arrows M02は有機ELを採用しており、M02には画面が割れる報告が複数上がっていました。今回はディスプレイ方式は液晶へと変更されているようです。iPhoneを始めとして有機ELがスマートフォンのトレンドとなりつつあるのとは対照的です。

 arrows SVの発売日は6月下旬予定。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus