ソニー、Xperia X Performance SOV33を発表。先読みAF対応、バッテリー容量は微減、6月中旬以降発売

sov33

 Sony Mobileは、日本国内市場モデルとして、au版Xperia X Performance SOV33を正式発表しました。発売日は6月中旬以降。

 Xperia Xシリーズについては、「ユーザーとさまざまな体験がX(クロス)する瞬間に寄り添う」存在として位置づけるとしています。Xperia X Performanceがその最上位モデルになるそうです。

 リヤカメラは、デジタル一眼カメラαシリーズで培った技術を活かし、位相差方式・コントラスト方式を併用するハイブリッドAFを採用し、さらに動体検出エンジン採用で追従性能が向上、被写体の動き予測してフォーカスを合わせる「先読みAF」を搭載。フロントカメラも1320万画素と高画素に。

 スペックは以下の通り。国際版のバッテリー容量は2700mAhであったのに対し、SOV33は2570mAhに削減されています。ワンセグ/フルセグ/FeliCa対応の代償でしょうか?

追記:不可解なXperia X Performanceの電池容量の謎、問い合わせてみた。

  Xperia X Performance
OS Android 6.0 Marshmallow
SoC  Snapdragon 820
ディスプレイ 5インチ
  FHD
カメラ 2300万画素
前面カメラ  1320万画素
実行用メモリ 3GB
ストレージ 32GB
電池 2570mAh
寸法  約71 × 144 × 8.6 mm, 165g
その他  防水防塵 IPX5/IPX8, IP6X

この記事にコメントする

comments powered by Disqus