サムスン、欠陥スマホGalaxy Note 7を完全に終了。生産・販売を恒久的に打ち切り

Galaxy_20Note_207_20blue_20edge.0

 Samsungは、Galaxy Note 7の完全な生産終了と販売終了を正式発表しました。

 世界中で爆発・発火・発煙し、リコール後も事故の相次いでいたGalaxy Note 7は、Samsung自ら使用を停止するようユーザーにアナウンスしていました。

 一連の動きによりSamsungの株価は急落。これにより、ソウル証券取引場にてNote 7の生産終了が発表されました。

 以前にも生産の一時停止は報じられていましたが、今回、新たに発表された措置は暫定的なものではなく、恒久的であるということです。消費者の安全を優先しこの決断に至ったとのこと。

 一度目のリコールを受けた時、Samsungがリリースした改善品の具体的な改善内容は、バッテリーをサムスンSDI製から他社製に交換したというもの。しかしこれでも改善せず、発煙・発火を繰り返しました。原因はバッテリー以外に何か欠陥があると考えられますが、Samsungと協議した韓国政府曰く、一連の事故は様々なパターンがあったことから、原因の分析が難しいとしています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus