マイクロソフト、Windows 10でVR標準サポート化。2017年のVR普及に期待

13b57736-9875-4332-af9f-dca0accbc331

 Microsoftは、来年のクリエイターアップデートの一環として、全てのWindows 10搭載PCのにVRサポートを行うことを予定しています。

 競合となるHTC Viveとオキュラスリフトが独自のソフトウェアを使用するのに対し、MicrosoftはWindowsのHoloLensヘッドセットと同じ環境でVRプラットフォームを提供予定です。

holo

 さらにスペック要件にも注目です。

holographic (1)

 MSがVRの動作要件としているのは以下です。

  • 実行4GBメモリ
  • USB 3.0ポート
  • Direct X 12をサポートしたグラフィックカード
  • クアッドコア・ハイパースレッディング対応デュアルコアプロセッサ

 つまりHTC Viveとオキュラスリフトよりも低スペックなPCのでも動作することを意味するわけです。

 これらの競合の価格の、約半額程度になるわずか299ドルでVRヘッドセットをリリースしますので、環境面・価格面でもMSは優位性を持つことになります。

 VRヘッドセットの新製品は12月に改めて発表される予定です。これまでVRの普及には、その高額な価格がネックとなっていましたが、MSのVR本格参入によってこの状況が打開される可能性がありそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus