機種購入から半年間のSIMロック解除を拒否してきたソフトバンク、ついに一括払いで即解除可能に

softbank-mobile-and-ymobile-logo

 SoftBankは、SIMロック解除条件の変更を発表。変更内容と変更実施日についてアナウンスしました。なお、今回の変更は同等内容がY!mobileブランド向けにも発表されています。

 分割払いで機種を購入した場合、機種購入日から101日目以降よりSIMロック解除が可能になります。変更実施日は2017年8月1日以降。

 ただし過去に対象回線でSIMロック解除を行った実績があり、その実績から101日目以降である場合、機種購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能としています。実施日は2017年12月1日。

 一括払いで機種を購入した場合、一括払いの支払確認次第すぐにSIMロック解除手続きが可能。変更実施日は2017年12月1日以降。

 ただし、継続利用が条件となっている端末代特価「一括購入割引」などを適用している場合、機種購入日から100日以内はSIMロックを解除できないとしています。

 また、契約者本人の購入履歴がある端末のみSIMロック解除ができるという条件があるのは注意。中古で譲り受けた端末・白ロムで買った端末は、前の持ち主がSIMロックを解除していない限り、その端末は永久にSIMロックが掛かったままということになります。

 今後、自分が買った機種ならばすぐにロックを解除できるという、当たり前のことが当たり前にできるようになるのは大きな前進ですね。ただ、別にSoftBankが特別に偉いというわけではなく、総務省のガイドラインに沿って、他社もやっているようにやっているだけです。