iPhone X、リーチャビリティ廃止。

 3年前、iPhone 6 Plusから導入された簡易アクセス機能「Reachability」をご存知でしょうか。ホームボタンをダブルタップすると、画面全体が下に引っ張られる機能です。

 Appleが発表した5.8インチモデル「iPhone X」はそもそもホームボタンがないため、どのように機能を呼び出せるのか気になるところでした。

screenshot 09-13-2017-034647

 しかしiPhone Xではこの機能自体が削除されていることがわかりました。

 一応iPhone 8 Plusではまだ機能が搭載されているようですが、iPhone Xにはないようです。

 携帯電話というのは本来小さなデバイスで、ファブレットというカテゴリに人々が初めて触れる過渡期には、Reachabilityのような機能は念のために必要だったかもしれませんが、このサイズがありふれたものとなった今となっては、不要に感じている人も多いのではないでしょうか。

 さらにiPhone Xはベゼルレス仕様によって、iPhone 8 Plusよりも大画面であるにもかかわらず、iPhone 8 Plusよりも軽くて小さなボディを持っています。そういった筐体サイズの関係もありそうですね。