まるでアローズみたいな片手操作!iPhone 6 / 6 Plusの新機能「リーチャビリテイ」

arrows-like-iphone-onehand-ui

 4.7インチ・5.5インチに大型化され、やはり心配なのが片手操作。しかし、Appleは解決策をソフトウェア的に用意しているみたいですよ。

 Apple製品のリーク情報が集う海外ブログ「9to5Mac」が、iPhoneの新機能「Reachability(リーチャビリティ)」の動作する様子を伝えました。

 これはホームボタンをダブルタップすることで、画面上部を下に呼び寄せる機能です。はて、どこかでみたような。

 このような片手操作へのこだわりは、今となってはもうインド以外ではお目にかかれないPanasonicのELUGAシリーズや、富士通のARROWS NXといった国内メーカーが技巧を凝らして取り組んでいました。今回、Appleにうまいこと持って行かれてしまいましたね。

DSC01048

  こうした機能を使ってでも、頑張って片手操作すべきなのか、諦めて両手操作するものと割り切るのか、迷うところですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus