中国の警察、職質は「スマホで顔認証」。犯罪者をサクサク逮捕へ

POLICEMEN

 日本で警察官に職務質問されると、運転免許証の提示を求められ、犯罪履歴等について無線で免許証番号を照会する間、待たされます。ちなみに、住基カードや保険証を出しても免許証を出せと言われるのは、免許証は警察が管理しているからです。

 日本よりも管理が徹底している中国では、こんなドンくさいやり取りは不要のようです。広州市の警察関係部門では、職務質問のオンライン連動が実装されていると、10月18日に羊城晩報が伝えました。

1121823938_15083729360631n

(『警務スマホ』で市民の身元確認をする広州市天河区の警察、羊城晩報)

 職務質問で市民が身分証を提示すると、民警(警察関係部門人員)が「警務スマホ」を取り出し、警察が開発した「核査通APP」で読み取ると、「ピッ」という音がして5秒以内に、移民の身分情報がすぐに表示されます。このアプリは警察のデータベースと連動しており、スキャンすると同時にデータベースの情報と照合されるとのことです。

 もし要注意人物ではなければ、アプリが『該当記録なし』と表示、もし逃亡犯或は前科があるなどの要注意人物だった場合、アプリが即座に警告を表示するそうです。

Sponsored Links

 統計によれば、今年4月以降、広州市の警察関係部門がこのシステムを利用して逮捕した逃亡犯は287名、前年比1.32倍になるのだとか。また、今年以来、通報件数と刑事立件数もそれぞれ11.4%と18.5%減少しており、治安維持上の効果が表れているとのこと。

 なお、報道の文中では顔認証について明示されていませんが、写真では顔認証をしています。

 今年3月、民警の劉氏が広州東駅を巡回中、ある男性を「警務スマホ」で身元確認したところ、逃亡中の容疑者であることが判明。取り調べの結果、この劉は2013年に押し入り強盗をした後、放火して逃走中であると明らかになったと言います。

 この検挙実績から推察しても、「警務スマホ」の「核査通APP」には、顔認証機能が実装されていると考えていいでしょう。もし身分証をスキャンしたという話なら、従来の無線照会でも検挙可能ですし、逃亡犯が身分証を出すとは思えません。

 指名手配写真を見るたびに、「警察官は全部覚えているのかしら、自分は絶対無理だな」と疑問に思いますが、オンライン照合ができるなら問題ありませんね!