iPhone X、「最も壊れやすいiPhone」の汚名を授かる

iphone-x-break

 端末保険会社SquareTradeは、iPhone Xの落下テストを実施。「今までで最も壊れやすいiPhone」と評価しました。

 SquareTradeは、iPhone Xを6フィート(高さ1.8m)からコンクリートへと落下。一連のテストを行いました。驚くべきことに、最初の落下の時点で耐えられずガラスが粉砕、早くも画面が反応しなくなりました。

 よほどぶつけた角度が悪かったのか?というわけではなく、他の角度でも落下実験が実施。側面であれ背面であれ、iPhone Xには壊滅的な損傷が生じました。

 車の屋根からの落下や60秒間回転させるテストでも、やはり破壊されました。

 SquareTradeは、iPhone Xは複数のケーブルの取り外しやロジックボードの修理が難しく、バッテリーが取り外しづらいなどと評価をしていますが、修理しやすいと評価したiFixitの解体結果とは対称的。iPhoneの分解に関してはiFixitはトップの信頼性を誇ります。iFixitは修理会社、SquareTradeは保険会社です。

 iPhone Xの壊れるリスクは100点満点中90点となっています。iPhone 8は67点、iPhone 8 Plusは74点。iPhoneシリーズ史上最も壊れるリスクを有します。ベゼルレスで重量も重たいのでかなり壊れやすいであろうGalaxy Note 8ですら80点ですので、iPhone Xの90点というのがいかに高いのかおわかりかと思います。ガラスフィルム保護ケースは必須と言えるのではないでしょうか。