ソニーのaibo復活。機能・スペック・発売日まとめ

aibo-image

 SONYがロボット犬「aibo(ERS-1000)」を正式発表しました。機能や性能、発売日などを見ていきましょう。

復活、AIBOからaiboへ

 ソニーの先進的な犬型ロボットとして名を馳せた「AIBO(アイボ)」。なんと初号機は1999年に登場した、ペットロボットの先駆的存在です。

sony-vaio-aibo

(旧AIBO)

 2005年には不採算事業として終了してしまいましたが、今回、新たに現代の技術で「aibo(アイボ)」として復活します。

aibo-logo

機能

 旧AIBOは当時の技術の限界でAIが未熟でしたが、現代のAIBOはクラウドサービスとの連携を前提とし、成長します。

aibo

 顔認識機能により最大20人まで、会えば会うほど人の顔を覚えていきます。スマートフォンと連携し育成が可能。学習して育っていくうちに他の機体とは異なる、世界にたった一匹の個性を発揮していくようになります。

 空間認識も可能。部屋の形を覚えて障害物を避けて動きます。

 多数の軸やセンサーにより、機械的ではない、犬を模した自然な動作を実現。ポーズやダンスを教えて育てていくことも。本当にこれぞペットロボットです。

 aiboが写真を撮影し、クラウドサービス「My aibo (マイアイボ)」に自動アップロードしていくので、思い出の写真をスマートフォンから見ることができます。

myaibo

スペック

 LTEデータ通信に対応し、SIMカードスロットも備えます。

CPU 64bit クアッドコアプロセッサ
ディスプレイ 有機EL×2(瞳部分)
カメラ カメラ×2(前方カメラ、SLAMカメラ)
サウンド  スピーカー、マイク×4
センサー ToFセンサー、PSDセンサー×2、
感圧・静電容量方式タッチセンサー
静電容量方式タッチセンサー
6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2 
人感センサー、照度センサー、肉球×4
連続稼働  2時間
充電時間  3時間
寸法  約180 × 293 × 305 mm, 約2.2kg
通信 LTE, Wi-Fi b/g/n

aiboベーシックプラン

 本体代金とは別に、aiboベーシックプランへの加入が必須。aibo成長などに必要なクラウドサービス。「aibo専用モバイル通信サービス」もセットに。aiboベーシックプランは利用期間3年分で、月払い36回なら税別2980円/月。一括払いなら税別9万円。一括払いのほうが得ですね。

aiboケアサポート

 任意加入。aiboの病気や怪我、つまり故障などに対応する補償サービスとなります。3年なら税別5万4000円。1年なら税別2万円。

 健康診断・修理を上限回数無く、何度でも半額に。aiboは非常に駆動部が多いので、各部位の摩耗も想定されます。加入しておく方が安心です。

本体価格

 本体価格は税別19万8000円。利用には別途、前述のaiboベーシックプランへの加入が必要。

発売日

 2018年1月11日発売予定。先行予約はソニーオンラインストアにて11月1日23時01分から開始されましたが、既に予約販売分は完売となっています。次回販売再開時期は未定であり、改めて発表するとのこと。

Sponsored Links

展示

 全国のソニーストアにて順次展示予定です。