AmazonとGoogle / Appleの喧嘩。Amazonが折れて競合製品販売へ

Amazonの製品に競合する製品を排除

amazon-logo

 米国ECサイト大手Amazon.comは、テレビに接続する「Fire TV」や音声スマートスピーカー「Amazon Echo」といった自社デバイスを、Amazonのサイト上で販売しています。

amazon-fire-tv

 これらに競合する製品を作っているのはGoogleとAppleです。GoogleはChromecastとGoogle Home、AppleはApple TVを展開しています。

chromecast_vs_apple_tv

 このためAmazonは、2015年にこれら競合製品をAmazonのサイト上から排除。現在に至るまで、販売されずにいました。

 排除理由としては、これらのデバイス上でAmazon Prime Videoが視聴できないことがユーザーに混乱を与えるから、といったものが挙げられていました。

GoogleがAmazon製品からYouTubeを遮断

 GoogleはFire TV、Echo ShowでYouTubeを利用できないよう制限を開始すると明らかにしました。

 Amazon独自のYouTubeアプリが規約違反だから制限するとしていますが、やはりAmazonの行為に対する報復として行われたものであることがGoogle広報の声明から伺えます。

 AmazonはWeb版を直接表示する対策を試みましたが、これもGoogleから対策されてしまい、やはりアクセスできなくなってしまったようです。

AmazonがChromecastとApple TVの販売を再開

 Amazonは、Chromecast / Chromecast Ultra、Apple TV / Apple TV 4Kの販売を再開しました。日本国内でもChromecastの販売が再開されています。

 Apple TVは、tvOSのアップデートでAmazon Prime Videoが視聴可能となりました。

 Chromecastは現在でもAmazon Prime Videoを視聴できません※が、Googleによる強硬措置が効いたのか、今回再販の運びとなりました。

※PC上でAmazon Prime Videoを視聴し、その画面をキャストすることはできる。Chromecast built-inのBRAVIAなどではAmazon Prime Videoの公式アプリがリリースされている。

 お互いの端末を購入できない・サービスを利用できないことで、最も不利益を被るのは、一般ユーザーです。解決に向かっているようで何よりです。

Google Homeは現時点でもまだ再販されていない

 Amazon Echoと競合するGoogle Homeは、現時点でもまだ再販されていません。こちらについても早期の解決を望みたいところです。