豪政府、5GインフラからファーウェイとZTEを排除。 すまほん!!

Australia-Government-Parliament_House_at_dusk,_Canberra_ACT

 オーストラリア政府は、5Gのインフラ整備からHuaweiとZTEを事実上排除しました。

 中国メーカーHuaweiとZTEは、世界的な通信設備メーカーです。次世代通信規格5Gにおいても大きな存在感を発揮しています。

 しかしオーストラリア通信芸術省は、オーストラリアの法律に抵触する外国政府指示下にあるベンダーから、通信事業者の5Gネットワークを保護するとし、HuaweiやZTEを名指しこそしていないものの、事実上排除。両社の5G通信設備はオーストラリアのネットワーク基地局には利用できないことになります。

 これはオーストラリア政府によるHuaweiとZTEに対する安全保障上の懸念が表出した形となります。

 Huaweiは、5Gの世界的な主導的な立場にあり、オーストラリアの無線技術を15年間安全に提供してきたとし、消費者にとって非常に残念な結果と表明しました。

 中国外交部は本件に重大な懸念を表明。イデオロギー的偏見を放棄し中国企業の事業のため公平公正な競争環境を提供するよう、豪州政府に求めました。

 米国では、米政府機関とその取引企業によるHuaweiとZTEの製品の使用を禁止する国防権限法が可決。日本では政府答弁から推察するに、おそらく官公庁ではHuaweiとZTEの製品は利用されていません。