世界初・S670と水滴型ノッチを備えた「OPPO R17」発表。

oppo-r17-her

 OPPOはAndroidスマートフォン「OPPO R17」を正式発表しました。

水滴型ノッチ・画面内指紋認証センサー

 フロントカメラ搭載のために画面上部中央をぶち抜いた「Essential Phone」「AQUOS」ですが、カメラがあまりにも出っ張りすぎて通知バーよりも下の領域までカメラが侵食しており、普段使う上で邪魔です。

bezel-less-essential

 もちろんこれから後を追う新興メーカー・守旧経営陣一掃後の再起をかけるメーカーが、「これまでのスマホとは違う」ということをアピールするための視覚的インパクトを重視した結果があの形状なので、一概にダメとまでも言いませんが。

 ところが、OPPO R17は同じくフロントカメラのためのノッチを備えていながら、ノッチの形状は流線型で、非常に控えめ。OPPOはこれを「水滴屏(水滴ディスプレイ)」と呼んでいます。これなら普段あまり邪魔にならなさそうですね。画面占有率は公称値91.5%。

201808131108115b70fbf7a2496

 3Pマイクロレンズを搭載、指紋認証センサーを画面内に内蔵。これがベゼルレス化と背面ガラスの一体感にも寄与。

fingerprint-onscreen

世界初・Snapdragon 670

 前機種OPPO R15はSnapdragon 660を搭載していましたが、今回のR17はSnapdragon 670を搭載。これはつい先日正式発表されたQualcommのモバイルプロセッサーです。これを世界で初めて搭載することになります。

 S670は、S660よりCPUは最大15%高速、GPUは最大25%高速、カメラ等画像信号処理ISPは最大30%省電力。

 S660自体がわりと優秀だったので、順当な進化は喜ばしいことかもしれません。ただS6xxというミッドレンジ向けの印象が非常に強いSoCを搭載していることから、最近のOPPOのRシリーズは割高感があるとも中国メディアでは論評されていますので、R17に対してどのような評価が下されるのか気になるところですね。

ようやくUSB Type-C!

 OPPOはR11sにおいても依然としてmicroUSBを採用、さらに後継機のR15においてもまだmicroUSBという、トレンドを追う中国メーカーとしては失態とも言える大きな弱点があったのに対し、今回はしっかりUSB Type Cに切り替えてきたのが好印象。もちろんVOOC急速充電にも対応します。

vooc

スペック

 OPPO R17 ProはS710を搭載します。

OS Android 8.1, ColorOS 5.2
CPU Snapdragon 670
メモリ 8GB
ストレージ 128 GB
ディスプレイ 6.4型 FHD+
(2280×1080ピクセル)
Gorilla Glass 6
カメラ デュアルカメラ
インカメラ  25MP
 バッテリー 3500mAh, VOOC
寸法   
その他  Wi-Fi  2.4/5GHz, Bluetooth
USB Type C, 指紋認証
4G, VoLTE, GPS / A-GPS
加速度センサー,光センサー, 近接センサー

カラーバリエーション

 流光蓝(Streamer Blue)と霓光紫(Neon Purple)の2色。どうでもいいですが、最近の中国機のカラーの漢字表記、かっこいいですよね。

oppor17-camera

発売日

 中国国内では8月18日。

関連:OPPO R17 Pro正式発表。可変絞り、3Dセンサー、すりガラス、ダブル電池搭載!