OPPO R15 / R15 Proの違い・R11sからの進化点・スペックまとめ

OPPO R15正式発表

oppo-r15-series

 中国OPPOは、最新のAndroidスマートフォン「OPPO R15シリーズ」を正式発表しました。

縦長・ベゼルレスを追究

 実のところ、前モデルであるOPPO R11sとよく似ています。特に筐体寸法はR11sとほぼ同じ。

oppo-r11s

(前モデル OPPO R11s)

 異なるのは前面ディスプレイです。R11sの時点で画面比率18:9・画面占有率は85.8%と十分に狭額縁でしたが、R15では画面比率19:9・画面占有率90%となり、より今風になりました。前面上部にはもちろんノッチあり。

oppo-r15-vs-oppo-r11s

 縦長化・狭額縁設計を追究したのが本機ということになります。

R15(通常版)とR15 Pro(梦镜版)の2種類

見た目の違い

 通常版(R15)と夢鏡版(R15 Pro)があります。まず大きな違いは見た目です。

OPPO-R15-R15PRO

 通常版は热力红、星空紫、雪盈白の3色。

oppor15-white

 夢鏡版はさらに光沢を強調し、より反射する仕上げに。

oppo-r15-dream-red

 夢鏡版のカラーバリエーションは、セラミックの「陶瓷黑」と、真紅と黒のグラデーションが魅力的な「梦镜红」、そして神秘的な「梦镜紫」の計3色。

性能の違い

 OPPO R15(通常版)は、MediaTekのSoCであるHelio P60オクタコアプロセッサを採用します。

 OPPO R15 Pro(梦镜版)はQualcommのSnapdragon 660を搭載。これはR11sと同じSoCです。

 カメラ構成は、R15は1600万画素+500万画素、R15 Proは1600万画素+2000万画素。

 電池容量は、R15が3450mAh、R15 Proが3400mAhと誤差レベルで差があります。

堅実な改善機、買い替えの必要はない

 R11sから変わったこととして、ベゼルレス化の他にも、バッテリー容量も3205mAhから3400mAh以上に、実行メモリも4GBから6GBに増量。堅実な変更がなされています。

 一方で、他の進化点には乏しいです。SoCも向上しているわけではないですし、OPPO R11/R11sの最大の不満だった「USB Type C非対応」という欠点も改善されず、残念ながら未だにmicroUSB端子のままとなっています。

 「これから最新のOPPOの機種を買うなら、これだ!」と言うことはできますが、「R11sからの買い換えは、決め手に欠けるよね」というのが正直なところ。

 いい意味で変わっていないのは、3.5mmイヤホンジャックを引き続き備えている点ですね。

ColorOS

color-os-5

 AndroidベースのColorOS5を搭載。iOSライクなUIにまとまっています。

AIカメラ

 リアカメラはSONY製IMX519を採用。カメラ画素数は2000万画素+1600万画素。AIによるポートレートモード、デュアルカメラボケなどを実現します。

 フロントカメラは2000万画素。自撮りではAI Smart Beautyが作用し、美顔補正が期待できます。

VOOC急速充電

スクリーンショット 2018-04-15 07.55.14

 OPPO独自のVOOC急速充電に対応。公称の理論値によれば、5分の充電で最大2時間の通話が可能とのこと。

スペック

  R15 (PACM00) R15 Pro (PAAM00)
OS Android 8.1 Oreo
ColorOS 5.0
CPU  MediaTek Helio P60
2.0GHz オクタコア
Snapdragon 660
2.2GHz オクタコア
メモリ  6GB
ストレージ  128GB
 ディスプレイ 6.28型AMOLED 19:9
Full HD+ (2280×1080)
 背面カメラ  1600万画素+500万画素 1600万画素+2000万画素
前面カメラ  2000万画素
 バッテリー 3450mAh  3400mAh 
寸法 155.1 x 75.2 x 7.4 mm 155.3 x 75.0 x 7.5 mm
重量 175g
その他  VOOC急速充電

価格・発売日

 OPPO R15(通常版)は2999人民元(約5万1000円)。OPPO R15 Pro(梦镜版)は、梦镜红(レッド)が3299人民元(約5万6000円)、陶瓷黑が3499人民元(約6万円)。いずれも中国市場にて発売済み。

 OPPO R15 Proの梦镜紫は、数量限定となり、4月16日10時より販売開始となります。価格は349人民元。

 日本市場での投入可否・発売日・価格はまだアナウンスされていません。