Googleのゲームストリーミング「STADIA」は何が凄いのかまとめ すまほん!!

 2019年海外で始まるGoogleのSTADIAとは一体何なのか?どこが凄いのか?まとめてみました。

Google STADIAとは

動画版

 STADIAについて動画でも語っています。

Sponsored Links

概要

 ゲームストリーミング「STADIA(ステイディア)」は、プレイヤーがコントローラー経由で入力したデータをすぐにGoogleのサーバー上に送信、それを反映させ、映像でプレイヤーの端末にストリーミングする、そんなサービスです。

STADIAは何がスゴイのか

対応デバイス多様!

 要は「ゲーム機不要、クラウド上にゲーム機がある」わけですから、ローカル端末の処理性能は低くても構いません。スマホ・PC(Chrome)・テレビ(Chromecast)・タブレットに対応。(スマホ対応は明言されましたが、iOS対応可否は不明)

YouTubeと統合!アソビが変わるぞ!

 いまいちソニーの「PlayStation Now」、NVIDIAの「GeForce Now」、Microsoftの「xCloud」といったクラウドゲーミングサービスは話題になっていませんが、GoogleのSTADIAは、「YouTubeからの起動」が凄まじいです。

 ブラウザでYouTubeを見ていて、ゲームのPVやゲーム実況を見ていたら、プレイするボタンが出現し、そこを押すだけで、ブラウザでゲームができる。Googleのブラウザ内でGoogleのサービスで、全てが完結してしまう。衝撃的な光景です。

 しかもダウンロード・インストールの手間もありません。ブラウザでぽちっとボタンを押すと、5秒ほどでゲームが始まります。革命的ですね。

Sponsored Links

 画面分割マルチプレイもできます。プレイを中断したら、端末をまたいでゲームの続きをすることもできます。配信者のゲームプレイの状況をそのまま視聴者に共有など、全く新しいことも可能。ゲームの遊び方が根本的に変わるかもしれません。

スペック高すぎ!

 PS4ProやXboxOneXを超える性能のゲーム機をクラウド上に用意。4K / 60fpsに対応。これだけでもすごいですが、将来的には最大8K / 120FPSに対応。もはや何を言っているかわからないですね。

ゲーム機ビジネスを根本から変える

 あらゆる端末からクラウドゲームが遊べるとなれば、もう高額なゲーム機を買わなくても済んじゃいますね。「グラフィック性能の上がったマイナーチェンジ機を出す」ということも時代遅れになっちゃうかもしれません。だってそこはユーザーがゲーム機を買い換えるのではなく、Googleがサーバー上で置き換えればいい話ですからね。

 GoogleはVRゲームの配信も予定しているそうです。VRでリッチなゲームといえば、PCを組んで高性能なグラボを買って……という作業が必要でしたが、もうそんなことも必要なくなるかもしれませんね。

チートもしにくい!

 プログラム改竄などによるチート行為も困難です。全ての処理がクラウド上で行われているからチートしようがないわけです。ゲーマー的には何気にここが一番楽しみな点かも。

 日本での展開についてはまだ明言されていませんので、続報を待ちたいところです。