Kirinチップにまで暗雲。英ARM、ファーウェイに取引停止 すまほん!!

 英公共放送BBCは、英国を拠点とするARMの内部文書をリーク。ARMがHuaweiとの取引を停止、米国の取引制限を遵守するよう社内通達したことがわかりました。

 全ての有効な契約、サポート、保留中の契約を停止するよう従業員に指示したとのことです。

 英国を拠点としているARMですが、BBCが伝えるところによれば、設計の多くが米国原産技術に準拠することから取引制限が適用されるとのこと。

Sponsored Links

 Huaweiのスマートフォンはプロセッサに主にHiSilicon Kirinチップを採用しています。Huawei子会社のHiSiliconは内製率が高いとの見方が一般的に浸透していた一方、米国に依存している面もあり、何より虎の子のKirinチップはCPUコアとGPUコアをARM開発ベースとしています。

 ARMは1990年設立のチップ設計企業。2016年9月にSoftBankに買収されています。ARMはプロセッサ自体の製造ではなく半導体技術やアーキテクチャをライセンス提供しており、QualcommはSnapdragonに、SamsungはExynosに、AppleはAxxチップに、そしてHiSiliconはKirinに、ARMの技術を用いています。

続報:英ARM取引停止、ファーウェイKirinチップへの短期的・長期的影響が明らかに。中国専門家達の意見