パナソニック、動画特化のフルサイズLUMIX S1H発表 すまほん!!

 Panasonicは、フルサイズミラーレスカメラで世界初となる6K 24p録画可能なLUMIX S1Hを発表しました。発売は2019年秋。価格は4000ドル(約43万3千円)。

 S1Hは、S1/S1Rよりも動画に特化したモデル。録画時間の制限は無し。なので、敵は長時間録画の熱になります。このためS1Hは放熱設計を強化しています。

(左がS1H、右がS1。Fnレバーが、S1Hでは赤い録画ボタンに?)

 6K / 24p(アスペクト比3:2)録画、5.9K / 30p(アスペクト比16:9)録画、4K DCI&UHD 4:2:2 10bit 60p録画、アナモルフィック 4:3など対応。(アップデートではなく)標準でV-Log、V-Gamutにも対応、さらにパナの業務カメラCinema Varicamと同じ14+ストップのダイナミックレンジにより暗部からハイライトまで豊かな描写を実現。

 センサーは画素数含め詳細仕様不明。新型センサーなのか、S1と共通なのか?アップデートがS1にも来ることから筆者はおそらくS1共通のセンサーではないかと推測していますが、公式には明かされておらず、あくまで今回のイベントは「S1Hが開発中であることを発表」といった様相。

 このほか、LUMIX S1の有料アップグレード「DMW-SFU2」は7月にリリースとのこと。アップグレード内容は4:2:2 10-bit録画、V-Log/V-Gamut、14+ストップダイナミックレンジ。筆者はLUMIX GH5ユーザーなので、もう少し詳しい情報が出たら、S1Hを買うかS1+アップグレードを買うか考えたいですね。