Xiaomi Mi Note 10 外観ファーストインプレッション すまほん!!

 1億画素カメラを含む5眼カメラを搭載し、日本市場への投入も噂されるXiaomiの注目機種「Mi Note 10」。本機を中華ECサイトGearBestが販売しています。(クーポンコードは『GBMINOTE10』)

 GearBestより実機を提供していただいたので、まずは外観のファーストインプレッションをお届けいたします。

 画面はアスペクト比19.5:9の、6.47インチ有機EL。右側面に電源ボタンと音量キーが配置されています。




Sponsored Links

 サイズやデザインに至るまで、Huawei P30 Proを意識していることが伺えます。ちょうどライバル機種と捉えているのでしょうか。

(左:Huawei P30 Pro, 右:Xiaomi Mi Note 10)

 SIMスロットは、底部ではなく右側面の最下部に。

 P30 ProはSIMスロットとSIMピンの穴が底部、しかもマイク穴の横にあるため、間違えて挿すと壊れますが、Mi Note 10ならそんな心配もなし。しかもイヤホンジャックがあります。

(Mi Note 10 底部の穴。 左からスピーカー、マイク、USB Type-C、イヤホンジャック)

 背面は、景色が写り込んで表情を変えてくれるガラスです。背面も端がラウンドした形状となっていることがわかります。




Sponsored Links

 Xiaomiロゴ、いつもと印象が違うフォントですね。

 認証マークが並んでいますが、本機は技術適合認証を取得しておらず、本体にも画面内にも技適表示はありません。

 カメラ構成は、200万画素マクロ、2000万画素超広角、1億800万画素、1200万画素光学2倍望遠、500万画素光学5倍望遠。




Sponsored Links

 前面はベゼルレス仕様で、水滴ノッチ部に3200万画素フロントカメラ、その上に横に細長い通話スピーカーが配置。Mi MIXシリーズでも狭額縁化のためにこのような狭いスピーカーを採用していましたね。

 側面部分はエッジディスプレイ。

 指紋認証センサーは画面に内蔵。解錠速度・精度はHuawei P30 Proに肉薄。

 次回、Xiaomi Mi Note 10のカメラをレビューしていきます。Mi Note 10はGearBestにて販売中となっています。決済時にクーポンコード「GBMINOTE10」を入力すると割引されます。