ソニー製6400万画素カメラ世界初搭載!5G対応でも3万円台の爆安「Redmi K30シリーズ」登場 すまほん!!

 中国XiaomiはサブブランドであるRedmiブランドから、Redmi K30 4G/5Gを正式発表しました。どちらも120Hz駆動の6.7インチの液晶ディスプレイに、ソニーの最新イメージセンサーIMX686を搭載しているのが特徴。主なスペックは以下の通り。

OS Android 10,MIUI 11
CPU Snapdragon 765G
メモリ 6/8GB
容量 128/256GB
画面 6.67型
1080 x 2400
アスペクト比 19.5:9  
ディスプレイ駆動120Hz
カメラ 64 MP f/1.9 26mm (標準)1/1.7″ 0.8µm PDAF
8 MP f/2.2 13mm (超広角)1/4″ 1.12µm
5 MP  f/2.4 1/5″ 1.75µm (マクロ撮影専用) (K30 4Gは2MP)
2 MP  f/2.4 1/5″ 1.75µm 深度センサー
インカメラ 20MP,F2.2
2MP 深度センサー
電 池 4500mAh
K30 4G 最大27W急速充電
K30 5G 最大30W急速充電
寸法 165.3 x 76.6 x 8.8 mm,約208 g
その他 30W急速充電,指紋認証,Type-C

  Redmi K30 5GのSoCは、Qualcomm製の最新チップSnapdragon 765G。5G統合型チップで、通常のSnapdragon 765と比較し、10%グラフィックのレンダリング処理を速く行うことができ、ゲーミングに適したチップとなっています。

 また、背面カメラはクアッドカメラとなっており、メインカメラにはセンサーサイズ1/1.7、6400万画素のソニー製最新センサーIMX686をスマートフォンとして世界で初めて搭載しています。

Sponsored Link

 6400万画素と高画素なため、望遠を使わずに普通に撮影した後、クロップ(トリミング)してディテールを確認することができるというわけ。

6400万画素で撮影

拡大

 その他カメラは800万画素の超広角カメラ+500万画素のマクロ専用カメラ+2万画素の深度センサー。インカメラは2000万画素のメインカメラと200万画素の深度センサーのデュアルカメラ。パンチホールディスプレイの右上に埋め込まれています。

 また、6.7インチ(FHD+)ディスプレイはリフレッシュレート120Hzなので、スマホ主流の60Hzと比べ、二倍滑らかに描写することができます。

 価格は以下の通り。

Sponsored Link
  • Redmi K30 4G:メモリ6GB+64GBモデルが1699元(日本円2万6200円から)
  • Redmi K30 5G:メモリ6GB+64GBモデルが2299元(日本円3万5500円から)

 5Gに対応しているスマートフォンはこれまで原則ハイエンドモデルのみだったので、非常に高価なものが多かったのですが、Redmi K30 5Gはミッドレンジ帯の5G対応チップを搭載して価格を抑えているのが良いですね。安価な5G対応スマホが出回れば、5Gの普及も早く進みそうですね。